“吾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
われ36.8%
30.1%
わが13.0%
8.6%
おれ1.9%
あれ1.5%
1.5%
おり1.1%
0.7%
あが0.7%
ワレ0.7%
おの0.4%
おら0.4%
ひと0.4%
やつかれ0.4%
わし0.4%
わぬ0.4%
アレ0.4%
ワイ0.4%
ワガ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな事を考えまわしているうちに、いつの間にか、雪の光りに包まれたような寒さを感じ初めたので、彼はハッとしてに帰った。
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
やがて、ピューと汽笛が鳴って、車がつく。待ち合せた連中はぞろぞろに乗り込む。赤シャツはいの一号に上等へ飛び込んだ。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
右は大家の事をいふ、小家の貧しきは掘夫をやとふべきもあれば男女をいはず一家雪をほる。里にかぎらず雪ふかき処は皆なり。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
りますに因りて、天の原おのづからく、葦原の中つ國も皆闇けむと思ふを、とかも天の宇受賣し、また八百萬の神ふ」
あれは憎い、憎い奴だから殺したいということなら、も了簡のしようがあるが、(死んでくれりゃ可い。)は実に残酷だ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
また詔らしめたまはく、「然らば、今還り下りて、墨江の中つ王を殺して、り來ませ。その時に、かならず語らはむ」
是に八上比売、八十神に答えけらく、汝等の言は聞かじ。大穴遅神にわなと云う。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
う、んや、ゃあいつも大好きさ。八円を大事にかけて、世の中に巡査ほどのものはないと澄ましているのが妙だ。
夜行巡査 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何歳だバ。のナ今歳二十六だネ。ふんダバ。阿母ダテ二十歳たけアせ。だけアそれはねエネ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
小禽来てひと日楽しむ豆柿は楽しみてむにまかせぬ
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
毛野 佐野のくゝたち折りはやし、たむゑ。今年ずとも
花の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
皇子共にへてく、理実灼然なり。則ち草壁皇子尊づ進みて盟ひてく、天神地祇、及び天皇めたまへ、れ兄弟長幼、せて十余の異腹よりづ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
けンどもが、何も旦那様あ、訴人をしろという、いいつけはしなさらねえだから、知らねえで、押通しやさ。そンかわりにゃあまた、いいつけられたことはハイ一寸もずらさねえだ。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「何をおっしゃるンです。失敬な。も一度武男の目前で言ってごらんなさい。失敬な。男らしく父に相談もせずに、無礼千万な艶書にやったりなンぞ……もうこれから決して容赦はしませぬ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
その例は『日本書紀』の「神代巻」出雲の条に、「れ国つ神、脚摩乳我妻号手摩乳云々」。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
が今度、府君に従うて、天帝の許へ朝した時、聖者達が数年の後に戦乱が起って、巨河の南、長江の北で、人民が三十余万殺戮せられるということを話しあっていたが、この時になっては
富貴発跡司志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
諾児汝に恋ふなもなへ行けばしかるなも (同・三四七六)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
彼の「妹が為め採りに行きし山路に惑どひ此の日暮しつ」のスガの実もまた同じくガマズミの実であって
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
何歳だバ。のナ今歳二十六だネ。ふんダバ。阿母ダテ二十歳たけアせ。だけアそれはねエネ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
天皇に 身もたな知らず 真心をつくしまつるが、国道
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)