“おり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オリ
語句割合
35.1%
14.5%
13.7%
機会9.9%
8.2%
4.2%
2.9%
2.3%
2.1%
1.5%
0.6%
渣滓0.6%
0.6%
0.4%
下車0.4%
0.4%
時機0.4%
汚吏0.4%
沈渣0.4%
折箱0.2%
下山0.2%
0.2%
折詰0.2%
沈滓0.2%
酒滓0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の戸をあけてそっと内部にはいると、見かけは鈍重そうな氷原の豹どもも、たちまち牙をきだし、野獣の本性をあらわしてくる。
人外魔境:08 遊魂境 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ゆゑぬるのありとも御愁傷さまとくつらさ他處目ひつらめ、さりともふしはしきろしきにたゝまつて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
があったらどうかしてと、ちょい/\ほのめかして見るのですが、先方ではまるで馬鹿にし切って、てんで相手にしてくれません。
幇間 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
仕方が無いから、今に又機会も有ろうと、雪江さんの話は浮の空に聞いて、只管機会を待っていると、忽ちガラッと障子がいて
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
横にねて、ずりる子供の重みで、するりと半纏の襟がると、肩から着くずれがして、を一文字にと引いた、のような肌が。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
海岸からはだいぶ道程のある山手だけれども水は存外悪かった。手拭って金盥の底を見ていると、たちまち砂のようなんだ。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さんの祖母さんの隱居所になつてた二土藏りぬけて、木小屋石段に、その井戸がありました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
(ちゞみはくぢらざし三丈を定尺とす)はじむるよりおろししあげてになすまでの苦心労繁おもひはかるべし。
りましょう、りながら私しは其様な馬鹿でも無ければ嘘つきでもません自分の言う事くらいは心得てますから
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
魚釣りのが水底に沈んで純粋な目的だけがのこるようになるには一千回もここに通わなければなるまい。だが、そういう浄化の作用は絶えずおこなわれているのであろう。
無慈悲なやつとんでいよう。ゃおまえに怨まれるのが本望だ。いくらでも怨んでくれ。どうせ、おれもこう因業じゃ、いい死に様もしやアしまいが、何、そりゃもとより覚悟の前だ
夜行巡査 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今は苦い渣滓となって心の隅にこびりついているのを感ぜずにはいられなかった。
鰊漁場 (新字新仮名) / 島木健作(著)
髪をれざる働きに俊雄君閣下初めて天に昇るを得て小春がその歳暮裾曳め、用度をここに仰ぎたてまつれば上げ下げならぬ大吉が二挺三味線つれてその優遇の意をらかにせられたり
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
を飼ってあるけて笑って言った。
劉海石 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「この次で下車るのじゃに。」
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
時機を見て、武田家再興の大陰謀を企てるのじゃで、随分忠勤を励まれよと言い含め、一方公儀に向っては、信州黒姫山の麓には、金脈有り気に見えまするで
怪異黒姫おろし (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
より暴君汚吏民を悩まし人をしたるものもからざりしといえども、概して論ずれば徳川時代の封建政治は、我が国民に取りては、開闢以来無上の善政たることは、吾人が敢て断言する処。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
私が聽いた彼の雄辯は——人にも同じくさう感じられたかどうかは知らないが——泥にれた失意の沈渣の溜つた深み——滿たされない憧憬と不安な野心の惱ましい衝動が動いてゐる深みから湧き出したものゝやうに思はれたからである。
露八は、顔の小さい、ちょっと可愛らしいを、小格子の中に見つけて、折箱を、上げてみせた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だまって、いた顔が、何だか不愍だったので、露八は、折箱と一緒に、登楼ってしまった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「まあ、とうとう、鞍馬を下山てしまわれたか。——あの稚子ばかりは父御の末路を踏ましとうないと祈っていたが」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そうさ。範宴が下山たのは、先一昨年の冬だったから……」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
野郎が言うことにゃ、おやおや、おさんの頭か、ゃまた大事の燗徳利かと思ったと、そうぬかすんですから、こんなのは、とても親孝行の方には向きませんよ。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「うむ、参ろう。酒や折詰のしたくをしておけ」
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大海人はそれを回想し、かつは自省するのだつた。その自省の底にはしかし、何かにがにがしい沈滓があつた。
鸚鵡:『白鳳』第二部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
緋色の海賊旗が酒滓の上にたゆとうてゐるのを見た