宮本武蔵みやもとむさし03 水の巻03 みずのまき
明日は知れないきょうの生命 また、信長も謡った—— 人間五十年、化転のうちをくらぶれば、夢まぼろしの如くなり そういう観念は、ものを考える階級にも、ものを考えない階級にもあった。——戦が熄んで、京や大坂の街の灯が、室町将軍の世盛りのころのよ …
作品に特徴的な語句
化粧みが タダ こと もの 誘惑さそ おの ざむらい りょう 酒瓶ちょうし 退しさ 化粧めかし 流行ばや そら てめえ ふくろ かえ ささ きつ 退 あわ きお 一塊ひとかけ づき あか 一日ついたち かたじけな 小刀こづか 饅頭まんじゆう いら 此方このほう かわ 渓流ながれ 上手うま だま 身長なり 流連いつづ 化粧けわ あか じん 彼方むこう しぼ 落花はな せき 晃々あかあか とう ろう かたわ かたわら がく 穿 おり うか むな つぶ なぶ 強請せが とも りゅう うる おも ただ とど おく 冗戯じょうぎ いた けい かえ とも 健康じょうぶ せい まな はぐ づつみ まば
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)