宮本武蔵みやもとむさし03 水の巻03 みずのまき
明日は知れないきょうの生命 また、信長も謡った—— 人間五十年、化転のうちをくらぶれば、夢まぼろしの如くなり そういう観念は、ものを考える階級にも、ものを考えない階級にもあった。——戦が熄んで、京や大 …
作品に特徴的な語句
烏賊いか 裸足はだし 夜叉やしゃ 恰幅かっぷく 沢庵たくあん 祇園ぎおん 浅黄あさぎ 忖度はか 芍薬しゃくやく 蔓草つるくさ 嘆息ためいき ちん 足蹴あしげ 逐電ちくでん 和泉いずみ 孤児みなしご 母娘おやこ かけひ 耄碌もうろく 馴々なれなれ 仮借かしゃく 謀叛むほん 銅鑼どら 後家ごけ 膏薬こうやく 布団ふとん 混沌こんとん 韜晦とうかい 章魚たこ 檀家だんか 権柄けんぺい 蛆虫うじむし ろう ろく 不逞ふてい 飢饉ききん くら 淙々そうそう 危惧きぐ ます 嫡子ちゃくし こうし 眉目みめ 見恍みと 木魂こだま 叡山えいざん 丹精たんせい 烏合うごう 笑靨えくぼ 渺茫びょうぼう くわ 小豆あずき 紅蓮ぐれん 闖入者ちんにゅうしゃ 硯箱すずりばこ 泥鰌どじょう 臙脂べに 旺盛おうせい 厭気いやけ さすが 神楽かぐら 落人おちゅうど 悪戯者いたずらもの しょく ふるい かご 目論もくろ 菩薩ぼさつ 唐辛子とうがらし 棟木むなぎ くど 美作みまさか たのし 骨董屋こっとうや えっ 采女うねめ 騒々ざわざわ 涵養かんよう 紛失なく 解脱げだつ 金箔はく 冥途めいど 焦立いらだ 牝牛めうし 七歳ななつ 瞑想めいそう 遊蕩あそび 木賃宿きちんやど 浅慮あさはか 漠々ばくばく 片言かたこと てすり そむ 口上こうじょう 小賢こざか 狂奔きょうほん あくた 五歳いつつ
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)