宮本武蔵みやもとむさし02 地の巻02 ちのまき
——どうなるものか、この天地の大きな動きが。 もう人間の個々の振舞いなどは、秋かぜの中の一片の木の葉でしかない。なるようになッてしまえ。 武蔵は、そう思った。 屍と屍のあいだにあって、彼も一個の屍かのように横たわったまま、そう観念していたの …
作品に特徴的な語句
化粧めか ちご おか かわ じょう こと おの がよ てて 饒舌にょうぜつ 蜻蛉やんま 和尚おす われ 退 ちが 年長とした あま がら 武士ざむらい ざかい しも かん かち しっ 法衣ごろも 燈明あかし あか まず から 皮膚かわはだ きら かたわ いん じゃく 彼方むこう 同胞どうぼう まな 生活たつき かえ しょ まっと 光明あかり もうし なぶ つか はず あや あやう あぎと いた まば そら たば いぶ 責任つとめ 此寺こちら 事理ことわけ もと おり とど とも ばく だい 退 尿 士分さむらいぶん 前様まえさま いそ はし かか
題名が同じ作品
宮本武蔵:01 序、はしがき (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)