“法衣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ころも84.0%
ほうえ5.7%
ほふえ2.9%
ごろも2.3%
はふえ1.7%
ほうい1.1%
ほふい1.1%
はふい0.6%
ケープ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼠の法衣は裂けて汚れて、片足には草履をはいて片足は跣足であった。千枝太郎はすぐに駈け寄って二人のあいだへ割ってはいった。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ある春の、Padre Organtino はたった一人、長いアビト(法衣)のを引きながら、南蛮寺の庭を歩いていた。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「あの方は年に馬に一の蕃椒を食べるのださうだ」と人の云つたことを、刀自は猶記憶してゐる。壽阿彌の著てゐたのは木綿の法衣であつたと刀自は云ふ。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
伸びた黒髪に、網代の笠をかぶって、親鸞はよく町へ出て行く。着のみ着のままの法衣——見るからに配所の人らしくいぶせかった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
どのお寺も黄色の旗と常緑樹の門とで、外部を飾り、内部の壮厳は有らゆる美をして、いろんな法衣の坊さんと参拝者と香煙と灯明とで満ちて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
姿が、だんだんに、くのびてきました。にはさんが、法衣をきてっているような、一木立も、遠方られました。
大きなかに (新字新仮名) / 小川未明(著)
こう言つた筋のことを、冷嚴和尚は法衣の袖を合せながら話すのです。
えゝ、政治家の心、軍人の心、名譽を熱中する人間の心、名聲を愛する人間、權力を切望する人間の心等が、僕の牧師補の白い法衣の下に動悸を打つてゐたのです。
司教はフランシスの傍に寄つて、その法衣を彼にかけた。さうしてその白い襞の中に裸なる青年を包みながら、之を自分の心臟に押しつけた。
三太郎の日記 第二 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)