“古法衣”の読み方と例文
読み方割合
ふるごろも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朽葉の古法衣に、そこらで付けた鉋屑をそのまま、いよいよこの東国の土と人間とを、その姿のうちに渾然と一つのものにして無造作に歩いてきた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その容子をぢろぢろ眺めながら、古法衣の袖をかきつくろつて、無愛想なをそらせてゐる、背の低い僧形惟然坊で、これは色の浅黒い、剛愎さうな支考と肩をならべて、木節の向うに坐つてゐた。
枯野抄 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
しかし、誰のえていた物か、真っ赤な古法衣を頭からせられて、その上からぐるぐる荒縄で縛られたのには、さすがの吉次もどうなる事かと胆を冷やした。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)