大きなかにおおきなかに
それは、春の遅い、雪の深い北国の話であります。ある日のこと太郎は、おじいさんの帰ってくるのを待っていました。 おじいさんは三里ばかり隔たった、海岸の村へ用事があって、その日の朝早く家を出ていったのでした。 「おじいさん、いつ帰ってくるの?」 …
作品に特徴的な語句
法衣ほうい うえ ぐら すく ほん 朝家あさうち ちち 星明ほしあ めん いそ 見合みあわ 壁板しとみ よご はは ぱい ぽん 朝起あさお とも 明日あした あか ほう かれ 背負せお はな かた いえ 嫁入よめい よる そと なか ひら ぐち にん 今日きょう 今晩こんや あたま はい おと しず ひか わら だま なみ はま とり うみ 海岸かいがん 海辺うみべ さかな 海鳥うみどり ふか 漁師りょうし たか 潮風しおかぜ かぜ 一人ひとり 熱心ねっしん とう 物語ものがた ひと 用事ようじ こう おとこ まち 黒雲くろくも つか かお しろ たの かわ ねむ 着物きもの みじか やぶ わたし ころ