“皮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわ58.2%
かは38.8%
2.0%
がわ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうすればきもは、あの薬屋れるし、は、じゅうのものでたべられるし、で、おにすることができるのだ。
猟師と薬屋の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しいてて、のやうなをおもしに、されたのがしてある山川沿うてくと、にまたがあつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
だんだんにふのつやがなくなり、のちには、あばら骨がかぞえられるほどやせて来て、食べものもろくに食べなくなり、店先へ出て来ても、ただ一日じゅう、しき石の上にごろりとなったきりで
やどなし犬 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
四十面相は、弁護士がわきみをしているすきに、そのソフトの下に手をいれ、うちがわのビンのなかへ、小さくたたんだ紙きれをいれておきます。
怪奇四十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)