“旅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たび96.4%
りよ0.5%
ドサ0.5%
いくさ0.5%
まつり0.5%
やど0.5%
りょ0.5%
枕脱カ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この夏もお先や何かで久しくを合せなかつた二人、さて新秋になると、うは海で勉強して大にくなつたと自を持ち
行の時にはもう人のやうな伴侶で、撮影現像技量自然と巧くなつて、學校での展覽會では得意な出であり
私はドサとは回りから、カンは金色夜叉の貫一から取ったもので、その若者のことを、東京では二枚目とはいえないが、田舎回りの劇団だったら
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)
書紀にも「ひ衆をへて、に謀を定めたまふ」と壬申の乱における内助の功をえ、また大海人皇子登位して天武天皇となられて後、崩御さるるまで
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
『論語』の八佾篇においては、孔子は宗廟の祭りや泰山の祭りや告朔餼羊や社の樹などについて語っているにかかわらず、その主たる関心は礼の保持であって信仰の鼓吹ではない。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
に見ざる真景もがなと春のわざ/\三国嶺にちかき法師嶺のふもとに温泉りそのあたりの雪を見つるに、よりおろしたるなだれなどは
ナマヌル魂の木村父子はの文に所謂鳥其巣をかれた旅烏、バカアバカアと自ら鳴くよりほか無くて、何共せん方ないから
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
うき事を独明しの磯うつ浪もあわれとぞ聞
和歌二 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)