蒲生氏郷がもううじさと
大きい者や強い者ばかりが必ずしも人の注意に値する訳では無い。小さい弱い平々凡々の者も中々の仕事をする。蚊の嘴といえば云うにも足らぬものだが、淀川両岸に多いアノフェレスという蚊の嘴は、其昔其川の傍の山崎村に棲んで居た一夜庵の宗鑑の膚を螫して、 …
作品に特徴的な語句
よわ ちっと くいしば 何方いずく しがた まね たてまつ あわい あわれみ 御座おわ こうら おもて 彼様こう かず おおせ 運命はめ まじわり よし 面色つらつき あし 此様こう さか 上野こうつけ じき ちと かず りょ 武士つわもの いき おつ あら ふたた そむ くず いづ しば かん しも まさ 在処ありどこ とも おめ ただち たたかい 出奔いではし 仕度つかまりたく 可申もうすべし 斯様こう かく きゅう 寄付よりつき いた こうべ 小刀しょうとう やしな こた おと よこ 然様そん つぶら しゅ すこ 偏倚へんき こじ 交際づきあい おぼ たゆ 言語ものいい こうむ めず つかまつり ここ 何様どう とど はず わが それ 内端うちば もぐ おのこ しき 国替くにかへ サカヅキ あなが なり ちな 後備あとそなえ 巌石がんじゃく