“都”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みやこ71.6%
すべ21.1%
2.6%
2.1%
まち0.5%
0.5%
みやこつく0.5%
スベテ0.5%
ミヤコ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かもめは、では、はとがみんなにかわいがられて、子供らからをもらって、平和にそのらしていることをしました。
馬を殺したからす (新字新仮名) / 小川未明(著)
一般に馬来全島が非常な低地であつて最高の山がに海抜五百十九尺しか無いのだから、山と云つてもて丘陵の様なものであるが
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
六十一還暦の時年賀の書画む。吾国はさらなり、諸国の文人名家妓女俳優来舶清人の一をもたり。
べて斯様いうもので、親切は却ってとなり、助けは却って障りとなって、正基は愈々妻を疎み、妻は愈々夫を恨み、無言の冷眼と嫉妬のひぞり言とは、日に戦ったが
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
明日まで待ってみてはという夫人のすすめには耳も借さずに、彼はすぐさまへ出かけて行った。
久々都の名義を考ふるに、日本紀に木祖久久能智とある久々は茎にて、草木の幹をいふ。は男を尊む称なり。と通音なり。
抑又塩土老翁に聞きしに曰く、東に美地有り、青山四周、……ふに、彼地は必ずに以て天業恢弘天下光宅るに足りぬべし、六合中心か。……何ぞきてらざらむや。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
入死生之間、掣曳波濤之上卅四箇日。
大師の入唐 (旧字旧仮名) / 桑原隲蔵(著)
では、既に平安朝の中期に此が人形になつて居た文献がある。紫式部日記・枕草紙などで見ると、ひゝなはおを作つて祭つた事が記されて居る。