“吾国”の読み方と例文
読み方割合
わがくに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六十一還暦の時年賀の書画む。吾国はさらなり、諸国の文人名家妓女俳優来舶清人の一をもたり。
人々は吾国固有の美風である神仏の崇拝、父母師友の恩義を忘れて個人主義、唯物主義的な権利義務の思想に走ること行燈とラムプを取換えるが如く、琴、三味線、長唄、浄瑠璃を蹴飛ばしてピアノ
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
六十一還暦の時年賀の書画む。吾国はさらなり、諸国の文人名家妓女俳優来舶清人の一をもたり。