永遠の夫えいえんのおっと
夏が來たというのに、ヴェリチャーニノフは案に相違して、ペテルブルグに踏みとどまることになった。南ロシヤの旅行もおじゃんになったばかりか、事件はいつ片づくとも見えない始末だった。事件というのは領地に關する訴訟だったが、風向きはすこぶる思わしく …
作品に特徴的な語句
いび あた やど 機會しお でこ 把手ノブ 曠野ステップ 事實ファクト うわ じょ 存在いきもの 往來おもて 警察ポリツエイスキイ あま 身裝みな 退すさ ひと つつ まち ケース とう 徒歩てく てて ゆっ せい うん 退さが 三月さんがつ りき 勿論もち こら おっと 木屑こっぱ あめ 理由いわれ くう つの 言附いいつ 何時なんどき もり 合格パス くち ひと さい 家庭うち やす ゆか しん たち 慄然ぞっ とこ 攝理みこころ 最期いまわ 正午おひる げき 父親てておや 知己ちかづき しか 老孃オールド・ミス 詩人うたびと 身裝いでたち つど 青札いのしし つら てい 黒河チョールナヤ・レーチカ お方ムッシュ 一歩ひとあし 下卑げび 主婦おかみ 交際つきあ 他人ひと きゃん とりこ 假初かりそめ 初々ういうい いや なご 四阿あずまや タイプ 外方そっぽ みょう おど うち 小曲ロマンス 小柱くい とこ 彼女あれ 御託ごたく