“三月”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みつき88.6%
さんぐわつ5.7%
さんがつ2.4%
やよい2.4%
さんげつ0.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一家を挙げて秋の三月みつきを九州から南満洲、朝鮮、山陰、京畿けいきとぶらついた旅行は、近づく運命をかわそうとてののたうち廻りでした。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
三月みつき以前いぜん其前そのまへもさらにことなことをばはざりき、くちびるえぬは植村うゑむらといふ
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ところが、身は引取ってくれたものの、本妻というのは老虎のような強い女で、三月みつきともたたないうちに、その家からいびり出されてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いふまでもなく極月しはすかけて三月さんぐわつ彼岸ひがんゆきどけまでは、毎年まいねんこんななか起伏おきふしするから
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
人間にんげん三月さんぐわつの花開き、
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
今年ことし三月さんぐわつなかばより、東京市中とうきやうしちうおだやかならず、天然痘てんねんとう流行りうかうにつき
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
つぎにだん/\とさむさもうすらぎ、やがて三月さんがつになると、うめ、れんぎょう、ぢんちょうげなど世界せかいとなります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
砂馬は大きな「三月さんがつ」(鼻)をふくらませて、
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
「それとも、この三月さんがつ以來ね!」
三月やよいの終わる日には高官も若い殿上役人たちも皆六条院へ参った。
源氏物語:35 若菜(下) (新字新仮名) / 紫式部(著)
——あれは春の三月やよいで、
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
源平盛衰記に『三位入道船に移り乗り、遥かの沖に漕ぎ出で給ひぬ。思ひ切りたる道なれど、今を限りの浪の上、さこそ心細かりけめ、三月やよいの末の事なれば春も既に暮れぬ。海上遥かに霞こめ浦路の山もかすかなり。沖の釣船の沈の底に浮き沈むを見給ふにも、我身の上とぞ思はれける。(中略)念仏高く唱へて、光明遍照、十方世界、念仏衆生、摂取不捨と誦し給ひつゝ海にこそ入り給ひける』とあるのは
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
一行が土手町に下宿した後三月さんげつにして暴風雨があった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)