“三月”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みつき88.7%
さんぐわつ5.6%
さんがつ2.4%
やよい2.4%
さんげつ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃、わたしはかなり忙がしい仕事を持っていたので、どうかすると三月も四月も半七老人のところへ御無沙汰することがあった。
半七捕物帳:27 化け銀杏 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
三月のはじめ、御近所のお醫師つて、つゝましく、しをらしく、見榮のせぬをあらはにして、神妙種痘ませ
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
陽炎えてきます。ところによつて時季はむろんひますが、東京附近では三月中旬頃から五月頃までに、します。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
思ひ切りたる道なれど、今を限りの浪の上、さこそ心細かりけめ、三月の末の事なれば春も既に暮れぬ。海上遥かに霞こめ浦路の山もなり。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
一行が土手町に下宿した後三月にして暴風雨があった。弘前の人は暴風雨を岩木山の神がすのだと信じている。神は他郷の人が来て土着するのをんで、暴風雨を起すというのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)