大阪までおおさかまで
これは喜多八の旅の覺書である—— 今年三月の半ばより、東京市中穩かならず、天然痘流行につき、其方此方から注意をされて、身體髮膚これを父母にうけたり敢て損ひ毀らざるを、と其の父母は扨て在さねども、……生 …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 土瓶どびん 長火鉢ながひばち 海月くらげ 溝板どぶいた 祇園ぎをん 見窄みすぼ 捗取はかど はく すし 懷中くわいちう 逗子づし 晩酌ばんしやく 人影ひとかげ 硝子窓がらすまど 品川しながは 落人おちうど 爪尖つまさき 電車でんしや 愛宕山あたごやま みまは 身體からだ むし 紙入かみいれ 鉛筆えんぴつ うめ 今戸いまど 不知火しらぬひ 大雨おほあめ 東雲しのゝめ 一分いつぷん 電燈でんとう 殊勝しゆしよう 薄紅うすくれなゐ 持出もちだ 此處こゝ 熱燗あつかん 勉強べんきやう 十日とをか 洋杖ステツキ 三日みつか 土橋どばし あらた くぢら 三井寺みゐでら 午前ごぜん 出掛でか しの 長煙管ながぎせる 荷物にもつ 三番叟さんばそう つた 手酌てじやく 友達ともだち 一面いちめん めい 子守唄こもりうた かる 抽出ひきだ 薄暗うすぐら 結構けつこう せま 義理ぎり 露地ろぢ 痘痕あばた 紳士しんし 煙草入たばこいれ 金持かねもち 京阪かみがた 心細こゝろぼそ 時計とけい 臺所だいどころ したが かぞ 夜具やぐ 見事みごと 松風まつかぜ 時代じだい 處女しよぢよ 米原まいばら つゞ ふせ 御飯ごはん 手招てまね まん 鬼神きじん 思出おもひだ 一思ひとおも 出張しゆつちやう 夕暮ゆふぐれ さわ 何年なんねん 澤山たんと 往來ゆきか 地震ぢしん うた