大阪までおおさかまで
これは喜多八の旅の覺書である—— 今年三月の半ばより、東京市中穩かならず、天然痘流行につき、其方此方から注意をされて、身體髮膚これを父母にうけたり敢て損ひ毀らざるを、と其の父母は扨て在さねども、……生命は惜しし、痘痕は恐し、臆病未練の孝行息 …
作品に特徴的な語句
ねん おは 引被ひつかつ ぶり じれ じゆ おほき ねがは 往來ゆきか ちま まけ おほい わる 一時いつとき うへ 矢張やつぱ 猶豫ため 目覺めざむ 小留をや 大船おほふな 前途ゆくさき 確乎しつか まへ せい きり 種痘しゆとう さいは あたゝ 車夫わかいしゆ 一分いつぷん うけたまは いへ はふ 一層いつそ かな たう ちひ をんな 薄紅うすくれなゐ さま やつ 流行りうかう 故郷こきやう 洒落しや 劇場げきぢやう 間違まちがひ やぶ あた しづ ひゞき 音信おとづれ あかる 思出おもひで つめた しう 莞爾につこり 茶袋ちやぶくろ 打覆ぶつかへ なつか すひ ゆび ほつ かゝ つゝ あへ こは どころ わり 處女しよぢよ なゝめ れつ 切味きりみ 日本につぽん ぶん きは いそ ぜん 難所なんしよ まつた はひ かひ わし 一所いつしよ 食堂しよくだう 少年せうねん 氣勢きほ ちつ 着換きがへ 一杯いつぱい しやち 大雨おほあめ 太陽たいやう こゝの 鰐皮わにがは