“少年”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうねん67.6%
こども14.9%
せうねん11.5%
しようねん1.4%
わかいひと1.4%
わかもの1.4%
これ0.7%
せいねん0.7%
ニツカア0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕飯のあとは、お祖父さん、お祖母さん、少年の三が、いろりのはたで松葉をたき、毎晩のようにしくおをしました。
おかまの唄 (新字新仮名) / 小川未明(著)
楽しい空想の時代は父の戒も忘れ勝ちに過ぎた。急に丑松は少年から大人にいたのである。急に自分のことが解つて来たのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
て、りの抽斗から、高尾薄雲一粒選して、ずらりとべてせると、少年鷹揚たが
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
日本にもよしさくとも、こゝかしこに考古學博物館てられてあつたら、このドイツの少年のように熱心子供出來
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
宋人李昉等が太平広記畜獣の部に(四百四十二巻)美人に幻化して少年と通じ、あるひは人の母にばけて年七十になりてはじめてばけをあらはしてさり
我また民が怒りの火に燃え、殺せ/\とのみ聲高く叫びあひつゝ石をもてひとりの少年を殺すをみたり 一〇六—一〇八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
よって最後の試み、としてたった今、少年に人を殺させた——すなわち殺された者は、客僧、御身じゃよ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
このから、少年のちいさいにはきながおかれました。ましさににてく、しさににてしい物思をおぼえそめたのです。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
さういふ私に反比例して、彼女は次第に私との友情に隔てを忘れ、恰も私を、何も知らない少年と遇するかのやうであつた。——私は当時二十四歳の大学卒業生であつた。
タンタレスの春 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)