“毎晩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まいばん95.2%
めあばん1.6%
めいばん1.6%
めえばん1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんどは京都羅生門毎晩が出るといううわさがちました。なんでもりかかるものをつかまえてはべるという評判でした。
羅生門 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
とみ 金田のハゲちやん、うなかな、毎晩ムツシユウ・島内ば引張りやあち……。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
本「左様ですが天道干という奴ア商いの有無に拘わらず、毎晩え出て定店のようにしなけりゃアいけやせんから、寒いのを辛抱して出て来たんですが、雪になっちゃア当分喰込みです」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
何も皆遠慮をしているが私が毎晩/\御寝所えお庭を歩いているは何の為だ、若殿様が御病気ゆえ大切に思えばこそだ、それに御家来の衆も毎晩のことだから看病疲れで眠りもすりゃア
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)