人参にんじん
京師の張廣號は、人參の大問屋で、聞えた老鋪。銀座で一番、と云ふづツしりしたものである。 一日の事で、十八九の一人の少年、馬に打乘り、荷鞍に着けた皮袋に、銀貨をざく/\と鳴して來て、店頭へ翻然と降り、さて人參を買はうと云ふ。 馬に銀袋を積んで …
作品に特徴的な語句
おめえ たつ おり おほ 一人ちよつと おほい はづか 言語ものいひ 如何いかに 商業しやうげふ むづ にかい うへ どう さが おつ つゝみ 甜瓜まくは しう かは さふらふ しん 寂然しん きふ うけたまは あた めづら あたひ かを 仕合しあは 間違まちがひ とほ ひゞき しやが かひ たふと 少年せうねん なほ 今度このたび したぐつ めう 一個いつこ 日中につちう 旅店りよてん 仰向あふむ かね うしろ なに 心覺こゝろおぼえ あが 思遣おもひや いそ 使つかひ 主人しゆじん だい 築地つきぢ ひど をし 價値あたひ あわたゞ かゝ はじ 一所いつしよ ゆび かしこま 頭巾づきん まが いは 早速さつそく あたら しづか いふ 高尾たかを 鷹揚おうやう なら 帽子ばうし 廊下らうか 引捻ひんねぢ 引返ひきかへ 悠然いうぜん 面倒めんだう 戸外おもて 門外もんぐわい いか