“今度”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんど79.8%
こんだ10.1%
このたび7.4%
こたび1.1%
こんたび0.5%
こんだあ0.5%
コノタビ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして今度は、石を二度、沼の中に投げこみました。ゆっくりと間を置いて、はじめのあわがえてしまうと、また投げるのです。
清造と沼 (新字新仮名) / 宮島資夫(著)
「そんぢや、今度澤山えびやな、んもしねえで、られちやつまんねえな」土瓶にしたさんはひながらいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
されば今度この地において花馬車競技があるというにより、日本人と中華民国人の微妙なる差別を広く一般に示すはこの時なり。
今度一部としてにのぼせ、をも
うもれ木:01 序 (旧字旧仮名) / 田辺竜子(著)
は矢切の婆アでございます、今度は又飛んだ行違えから伊之助さんがえれえになったと云うは、私どもで怨んでるという訳なんで
「おつうらとつても今度駄目だよ」勘次果敢ない自分心持一の家族であるおつぎの身體けるやうにつていつた。勘次衷心から恐怖したのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
御割子(中食)ノ後、鳥羽桟敷ヲ数刻ニテ出御、今度四方輿ナリ。三方ノヲ捲カセラレ、女房三人ハ張輿、武士数百騎、路頭、前後ヲ囲ム。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)