“心持”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こころもち35.4%
こゝろもち30.4%
こころも21.1%
ここち6.2%
こゝろも3.1%
ごこち1.2%
メンタルトーン0.6%
こゝち0.6%
こヽろもち0.6%
ムウド0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたもいずれはこちらの世界引移ってられるでしょうが、そのになればどもの現在心持がだんだんおりになります。
咽喉から流れるままに口の中で低唱したのであるが、れによつて長吉みがたい心の苦痛が幾分げられるやうな心持がした。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
山姥がいい心持ちそうに、ぱちぱちいうだとっていていますと、その馬吉に火をつけました。
山姥の話 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
可笑しな事申すやうではあれど色々の男と寝たことある私、つひにない事、はつと思つて手を引き候とたん何とも申さうやうのない心持致し
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
さういふかな物足りない心持ちを、さびしいともしいともいはないで、それかといつて、のふりかゝつてゐるのをむでもなく
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
サルトルは感謝感激、夢心持、ここで二人の心は寄りそったが、ちょうど夜が白々とあけたから、ツル子は別荘番のオバサンの部屋へ寝床をしいてもらって、ねむる。サルトルも改めて一とねむり。
現代忍術伝 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
すると智識で「死」の恐怖を去る事は出来ん。死を怖れるのも怖れぬのも共に理由のない事だ。換言すれば其人の心持にある。即ち孔子の如き仁者の「気象」にある。
予が半生の懺悔 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
の女は青磁色の薄い絹の襟巻の端に出た糸を指でむしりながら云ふ。先刻から心持程頬の赤味がたやうである。
御門主 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
種々の境遇の變化の中に現れる主人公の性格を強調した心理描寫の筆をふべきであつたと思ふが、浮雲の如く去來する心持は描けても