山姥の話やまうばのはなし
山姥と馬子冬の寒い日でした。馬子の馬吉が、町から大根をたくさん馬につけて、三里先の自分の村まで帰って行きました。 町を出たのはまだ明るい昼中でしたが、日のみじかい冬のことですから、まだ半分も来ないうちに日が暮れかけてきました。村へ入るまでに …
作品に特徴的な語句
じゅう たい 台所だいところ ぼん なに ほん ゆび かか おり 心持こころも けん ひだり あたた ぶか ちょう たたみ よこ ぽん あか ほう わか ごと はな けん むすめ そと くだ なか かい 今日きょう なん さき しず おと あたま あいだ はい いろ はな 物置ものおき 物音ものおと かみ くる ひと 用心ようじん たか まち ほね うたが のぼ 百姓ひゃくしょう ねむ おどろ 着物きもの やぶ 馬子まご いの 馬吉うまきち うま あな そら わら もの みみ かた 背中せなか むね すす かぎ