“釜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かま93.3%
がま6.1%
ボイラ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが、じつはちっとのんきすぎるんで、あっしもさっきから少しばかり腹だてているんですが、半年のこっちも一つのおまんまを
艫に大きな飯たきをすえ、たきたての飯をにつめているのもある。その飯の色のまっ白なのが妙に目についてしようがなかった。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
狂気のように為吉はから降りて音のした釜戸の前に立った。外部からは把手一つで訳なく開けることが出来た。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)