“がま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ガマ
語句割合
39.6%
蝦蟇20.7%
17.1%
蝦蟆11.3%
4.5%
1.8%
1.4%
1.4%
0.9%
0.5%
蝦暮0.5%
蟾蜍0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ずいぶん変わり者です。蛇の皮をまいたステッキや、の皮で作った銭入れや、狼の歯で作った検印などを持って喜んでいます」
髭の謎 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
独美、字は善卿、通称は瑞仙錦橋また蟾翁と号した。その蟾翁と号したには面白い話がある。独美は或時大きい蝦蟇を夢に見た。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
そのすこし前までは白菊を摺箔にした上衣を着ていたが、今はそれを脱いでただの薄綿が透いて見える衣物ばかりでいる。
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
かつて蛇が蝦蟆を呑み掛けたところを二足ある奇蛇と誤認したと自筆した(『土耳其紀行』一七四四年版、一二〇頁)。
きいがありましてね、そこの飯炊は、まず三ぐらいはける大釜でした。あれはえらいになります。
花のき村と盗人たち (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「それや好都合だった。ほかじゃないが、そちの炭焼で、人間の体を一箇、こんがりと焼いて貰いたいのだが……」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
壒嚢抄』に「元三のお薬温むたたらなどは世の始めの物なりしが云々」とあり(和訓栞)、肥前北部で陶器に用いる一種のを今でもタタラギという(佐賀県方言辞典)。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
むぐら刈る利鎌のかまのやきのつかのまも見むあひの友 (和田嚴足)
愛国歌小観 (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
ガルハニがの脚の搐搦するを疑いて動物のエレキを発明し、ニュートンが林檎の落つるを見て重力の理に疑いを起こし、ワットが鉄瓶の湯気をんで蒸気の働きに疑いを生じたるがごとく
学問のすすめ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
砂地へ半身めこんだように身をかがめ、当麻五郎のだんびらを守りえの青眼に、二ツのは剣のミネをおもむろにたどって、月光をチカッと射る鋩子の先から
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
でっぷりと小肥りの身体と、骨ばった痩躯も、対蹠的だ。しかし、湯に濡れて光る、友田の肌の大蛇蝦暮蛞蝓などの眼は、どれも、金五郎を睨んでいるように、妖しくいている。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
蟾蜍のような大きい腹をえて、顔は青く心は暗く、初産の恐怖は絶えず胸を痛めて、何がなし一刻も早く身二つになれかしと祈った。
ネギ一束 (新字新仮名) / 田山花袋(著)