江戸三国志えどさんごくし
うす寒い秋風の町角に、なんの気もなく見る時ほど思わず目のそむけられるものは、女の呪詛をたばねたような、あのかもじのつり看板です。 丈の長いおどろしき黒髪が軒ばに手招きしている小間物店は、そこのうす暗い …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 対峙たいじ 愚弄ぐろう 烏賊いか 緻密ちみつ 薩摩さつま 夜叉やしゃ 敵愾心てきがいしん 俳諧はいかい 深傷ふかで 脾腹ひばら 野分のわき 離屋はなれ どんぶり 通夜つや 稲妻いなずま 女々めめ 眷属けんぞく 海月くらげ 諏訪すわ 鬱憤うっぷん 溝板どぶいた 坩堝るつぼ 煙草盆たばこぼん 詰問きつもん 天秤てんびん 突兀とっこつ 立場たてば 唐桟とうざん 喉笛のどぶえ 夜鷹よたか 狐狸こり 与力よりき 御褒美ごほうび 眉宇びう 脱兎だっと 藁草履わらぞうり 螺鈿らでん 韋駄天いだてん 博多はかた 夜寒よさむ 閻魔えんま 木蔭こかげ 逐電ちくでん いが 父娘おやこ 蔓草つるくさ 人足ひとあし あま 化身けしん 櫛巻くしま 短冊たんざく 結城ゆうき 楚々そそ 秩父ちちぶ 諸共もろとも 音沙汰おとさた 馴々なれなれ 午頃ひるごろ 芝生しばふ 掻巻かいまき 木樵きこり 般若はんにゃ 蚊遣かやり 人非人にんぴにん 反物たんもの 章魚たこ はく 大喝だいかつ ろく 峻厳しゅんげん 権柄けんぺい 淋漓りんり 無碍むげ 血汐ちしお 馬子まご 皆目かいもく 目貫めぬき 度胆どぎも 枇杷びわ 清冽せいれつ 熨斗のし 請合うけあ ろう さかい たに 繰返くりかえ 仄白ほのじろ 僭越せんえつ くら 掃溜はきだめ 半襟はんえり 雑魚ざこ 効目ききめ 茫漠ぼうばく 何刻なんどき 危惧きぐ 成行なりゆ 友禅ゆうぜん