江戸三国志えどさんごくし
うす寒い秋風の町角に、なんの気もなく見る時ほど思わず目のそむけられるものは、女の呪詛をたばねたような、あのかもじのつり看板です。 丈の長いおどろしき黒髪が軒ばに手招きしている小間物店は、そこのうす暗い奥に、とろけそうなたいまい、鼈甲、金銀青 …
作品に特徴的な語句
ごわ ちゃ だん ぶつ びら かがめ ぞえ どお アリ がえ ごう 化粧つく じゅ おご 空洞からどう あき びさ がま なげ いき そつ ぴら とう 怪訝いぶ したた 片端かたはず げん あだ ヒラク あかし りょう もの 美女たま だち なわ おう 昨夜きのう ぞめ とどま いま えん コレ てめえ かえ すく みん こう うわ こう うっ ちょう そうろ いさ じゃ 退 大幅だいふく 中風ちゅうき 食物もの あま がしら 夫婦みょうと たぶら すい 牢舎ろうごく ともし 冷笑ひや がか 洒落しゃら まば 狼狽うろたえ はし まつ みつ かく