“跳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
41.9%
おど24.6%
19.3%
をど6.1%
はね5.1%
はず0.9%
ちょう0.4%
とび0.4%
0.4%
あつら0.2%
のさ0.2%
はづ0.2%
0.2%
をどり0.2%
ヲド0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ、その証拠に、もはや、このオルガンの音色をころがっても、が、波間ねるようなことはなかったのであります。
楽器の生命 (新字新仮名) / 小川未明(著)
御所へ水を入れるところのの蔭から、物をも言わずり出でた三人の男がある。大業物を手にして、身体も真黒で包んでいた。
ひらっと、人影は、縁をび下りた。するとどこかで彼の思わざる女の悲鳴がした。彼はえにふかれ、泳ぐがごとく逃げに逃げた。
そこで今此黒塀の内へ這入らうと、はつきり思つたときには、物を盗まうといふ意志も、一しよに意識の閾の上にり出たのである。
金貨 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
そして嫁の寝ている胸の真上としきまで、その足音が来たかと思う時、その死にした病人がえるように苦悶し始めた。
白い光と上野の鐘 (新字新仮名) / 沼田一雅(著)
そんな冒険の、ハイカラな作風など、どうにも気はずかしくて、いやになった。一向に、気がまないのである。
八十八夜 (新字新仮名) / 太宰治(著)
彼が本丸の屋根によじれば、金吾もすばやく大屋根にのぼって、彼と十二、三間の間隔を、一、一歩にちぢめてゆく。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼女の、いま寝ているところは、先程までその学生達の三段競技場であったが、いまは彼女一人、のけもののように、ぺたんとその空地へ寝ているのである。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
だから私も突っねたのさ。今時分そんな事を持ち出すのは、まるで自分の殺した子供を、もう一生かしてくれって、御寺様へ頼みに行くようなものだから御止しなさいって。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
幸い月は隠れて、冷々とをこめた冷たい闇は、忍ぶ者にはえたような晩です。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
そのは……薄汚れた青竹の太杖を突いて、破目の目立つ、蒼黒い道服をに及んで、高うばって、天上から瞰下しながら、ひしゃげた腹から野良声を振絞って、道教うる仙人のように見えた。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
頭の所爲天氣加減か、何時もは随分よくる二人も、今日は些ツともまぬ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
かれ御毛沼の命は、波の穗をみて、常世の國に渡りまし、稻氷の命は、の國として、海原に入りましき。
是故に天堂を描く時、この聖なる詩は、行手の道のれたるを見る人のごとく、越えざるをえざるなり 六一—六三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
皆討チ取ルシトテ、リ給フ。尾藤甚右衛門、戸田三郎四郎ナド、下ニテ聴テ、亭主ハいかう浮気ニ成リ給ヘリトテ、笑ヘリト也
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)