“跳梁跋扈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょうりょうばっこ77.8%
てうりやうばつこ22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
選挙界の気風は益々堕落し、ついに有志と唱うる一種の周旋人が跳梁跋扈して、ここに選挙の真意義は全く没却さるるに至ったのである。
選挙人に与う (新字新仮名) / 大隈重信(著)
「それに」と舞二郎はうれしそうに、「お聞き及びでもござろうが、婦女子をかすめる悪漢が跳梁跋扈しているようで」
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
つた麥藁帽子が、一所に、プンとつて、になつて撥上がる。……もう、やけになつて、きしきる合方に、夜行百鬼跳梁跋扈光景で。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
跳梁跋扈らぬ。 かの歐洲聯合艦隊