“驚天動地”の読み方と例文
読み方割合
きょうてんどうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、いまは最後の手段があるばかりと、途中で咲耶子にもささやいておいたとおりな、驚天動地の火ぶたを切ったのである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その日こそ、じつは驚天動地の一大事件が救援艇隊のうえに襲いかかろうとしているのに、まだ誰もその運命に気がついていないらしい。あぶない、あぶない。
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)
これは実に、私に取っては、まるで予期しなかった驚天動地の大事件でございました。女は神聖なもの、いやいものとして、顔を見ることさえ遠慮していた私でございます。
人間椅子 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)