“天地人”の読み方と例文
読み方割合
てんちじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には主人宗匠万年青の鉢を並べた縁先へ小机を据え天地人の順序をつける俳諧に急がしい処であった。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
活花を見てこれは遠州流これは古流と一々鑑別するほどならばこの料理は仏蘭西風この料理は英国風と一々その味を判定するだろうね。活花に天地人の原則がある通り食物には生理上の原則がある。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
には主人宗匠万年青べた縁先小机天地人の順序をつける俳諧がしいであつた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)