“人心地”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとごこち90.3%
ひとここち9.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るな、るな、で、たちは、すぐ四角んで、突通しにに、人心地もなくつてた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
雨戸を開け、門を開け、掃除を濟まして、やつと人心地が付いた時、川向うの潮音寺の鐘が、ゴーンと耳を刺すやうに響いた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
漸く人心地に立ちりぬ、聞けば予が苦しさの余りに、仙台萩殿様御膳を恋しく思いしよりも、なお待ちれし八合目の石室の炉辺にえられ、一行は種々の手段を施こし
やっとのことで、赤羽橋まで来て、初めて人心地がついた、清正公此処の角を曲ると、もう三田の夜店のが、きらきらかに見えたのだ、この時には蝶も、あたりに見えなかった
白い蝶 (新字新仮名) / 岡田三郎助(著)