“石室”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いしむろ63.6%
せきしつ27.3%
いはむろ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半「そんな事を云ってもいかんよ、悪事を平気な泥坊とはいいながら、目をしたお蘭さんを此の本堂の下の石室の中へ生埋にしたね」
さて古墳には、どういふものがめられてゐるかとしますと、石棺あるひは石室死體めてあつた
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
石室のちひさき窓にあまり濃く晝のあを空うつりたるかな
樹木とその葉:03 島三題 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)