松の操美人の生埋まつのみさおびじんのいきうめ02 侠骨今に馨く賊胆猶お腥し02 きょうこついまにかんばしくぞくたんなおなまぐさし
一席申し上げます。お耳慣れました西洋人情話の外題を、松の操美人の生埋とあらためまして…これは池の端の福地先生が口うつしに教えて下すったお話で、仏蘭西の侠客が節婦を助けるという趣向、原書は Buried a life という書名だそうで、酔っ …
作品に特徴的な語句
まぶ ふァたい どっ おれ なア へえ 可愛ははひ ほと そべ 容易わけなし はり 悉皆まるで なお なわ っかア たっ あぐ もと たわ 此家ほゝ あお 主人つれあい えら ごう あと よし おつ うら あれ いゝ ひま えら さな 逆上とりのぼせ 情夫おもいおとこ 所為せえ はや みょう しれ 突込つッこん 紹介ひきつけ っかあ いき あたり 母親おっかア 母様ふくろさん 料理りょうっ なだ とめ まる いめ 其様そな ごろし たも 武士さむれえ さゝ とお 紹介ひきつ おり こり はい 此女こりゃ まと てめえ あかり あが わっち たず そう 下手ぺた よし うち やり そっ かく 着物おめし しい たくみ 引掛ひっかゝ いら なくな われ 頑固かた じき まいり たばね うめ こた 短刀みじかいの かん くろ もの たっ
題名が同じ作品
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名)宇田川文海 (著)