“失”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
45.4%
21.8%
うしな16.1%
なく5.5%
しっ2.2%
しつ1.9%
なくな1.6%
うし1.0%
うせ1.0%
うしの0.5%
うす0.5%
はぐ0.5%
うしなは0.3%
ウシナ0.2%
あやま0.2%
あやまつ0.2%
うしない0.2%
うしなわ0.2%
しな0.2%
そこ0.2%
0.2%
なくし0.2%
0.2%
アヤマ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのほの暗い車室の中に、私達二人丈けを取り残して、全世界が、あらゆる生き物が、跡方もなく消えせてしまった感じであった。
押絵と旅する男 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「ところで、くなった絵図面がたった一晩ここへとめられた時、どこにどんな工合に置いてあったか、皆んな知っているだろうな」
けれどふ言ふのが温泉場海水浴場乃至名所見物にでも出掛洒落口調であるキザな言葉たるをはない。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
人情の花もさず義理の幹も確然立てゝ、普通のものには出来ざるべき親切の相談を、一方ならぬ実意の有ればこそ源太の懸けて呉れしに
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
人間として着物をつけないのは象の鼻なきがごとく、学校の生徒なきがごとく、兵隊の勇気なきがごとく全くその本体をしている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
……に、廣島師範閣下穗科信良は——こゝに校長たる威嚴つけずしない程度で、祝意揶揄めた一句がある。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
遊「君の後曳も口ほどではないよ。この間那処主翁がさう言つてゐた、風早さんが後曳を三度なさると新いチョオクが半分る……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
蒼白う、のやうに蒼白うなって、みどろになって、どこもどこもりついて。ると其儘、わしゃなうてしまひましたわいの。
目「なに寒い……当月は八月である、だ残暑もせず、夜陰といえどもれて熱い事があるのに、手前は頭巾を被りたるは余程寒がりと見ゆるな」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
刈り取られた黍畑や赤はげの小山を超えて、およそ二千メートル後方の仮繃帯場へついた時は、ほッと一息したまま、また正気をてしもた。
戦話 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
神事をはれば人々離散して普光寺に入り、棄置たる衣類懐中物をるに鼻帋一枚だにる事なし、れば即座神罰あるゆゑなり。
いてちよいと子柄げたよ、本当にまア見違いちまつたよ、一人でたのかい、なに近江屋旦那を、ムヽれて、うかい、ぢやア何処かで御飯べたいが
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
桟敷のこゝかしこに欲然やうな毛氈をかけ、うしろに彩色画屏風をたてしはけふのはれなり。四五人の婦みな綿帽子したるは辺鄙に古風をざる也。
作家ドウシハ、片言満了貴作ニツキ、御自身再検ネガイマス。真偽看破良策ハ、一作エシモノノサヲレ。「二人シタモアル。」
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
然れどもを別たずして、倶に天皇のに、相けてふること無からむ。し今より以後の如くならずば、身命び、子孫絶えむ。忘れじたじ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
よりみの毛をす、熊又まへにすゝむ。又さはり又すゝんで熊には穴の口にいたる。これをかまへたる猟師ども手練槍尖にかけて突留る。一槍ときは熊の一掻に一ふ。
星は光をて夜暗く、鶯は哀歌を弾じて心をましむ、富嶽も今は余のものならで、かつて異郷に在りし時、モナドナックの倒扇形を見、コトパキシの高きを望みし時
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
... ただ羽が抜けやすくなるとモーきに腐るのですからその前食べ頃をないようにしなければなりません」妻君「そうって始めて分りました。 ...
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
今はへ難くて声も立ちぬべきに、始めて人目あるをりてしたりと思ひたれど、所為無くハンカチイフをく目にてたり。静緒の驚駭は謂ふばかり無く
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
このをば見返り勝に静緒は壁側に寄りて二三段づつ先立ちけるが、彼のきてれるに、蒔絵のいとく見えければ、ふとそれに目を奪はれつつ一段踏みねて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
たちまち進み来たれる紳士は帽を脱して、ボタンの二所れたる茶羅紗のチョッキに、水晶の小印垂下げたるニッケルけて、柱にれたる役員の前にを下げぬ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自分の家をて了つた己は
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
鳴物入で」
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
統道眞傳卷首に聖人自然の眞道をる論と題し、劈頭先づ彼の自然觀を述べた句がある。——夫れ自然は始も無く終りも無し。き他を俟つに非ず、自ら推して至るに非ず。
安藤昌益 (旧字旧仮名) / 狩野亨吉(著)