湯ヶ原ゆきゆがわらゆき
定めし今時分は閑散だらうと、其閑散を狙つて來て見ると案外さうでもなかつた。殊に自分の投宿した中西屋といふは部室數も三十近くあつて湯ヶ原温泉では第一といはれて居ながら而も空室はイクラもない程の繁盛であつた。少し當は違つたが先づ/\繁盛に越した …
作品に特徴的な語句
いらつ どまり はひつ すつ すい のぼり をわ ねそ くだり あつ とづ いつ かほり しよ よわつ 如何いく 連中れんちゆふ ゆか きつ むい わから さげ せう 老爺ぢいさん 脊負おぶつ かうむ しひ 人形じんぎやう 一寸ちよつ おほ ぎやう おほき 何處どつか おろ 其方そのはう あらは 可愛かはゆ 出迎でむかへ ふん ゆき 空虚からつぽ をは うつ いづ 義母おつかさん かたはら 茅屋くさや 難有ありが ひとつ つゝみ あら 泡立あわだた どき をは よこぎ まへ 最中さいちゆう たつ 笹葉さゝつぱ もつ 拍子びやうし 大船おほふな すこし ぷん 美味びみ おほ 隙間あひま 必定きつと 何時いつし うも をんな 如何どう 大違おほちがひ 閉口へいかう あひだ いへ ちひ すく 出立しゆつたつ あつま ぷく さいはひ やつ 温泉をんせん 午後ごゝ めづら とつ 高低かうてい 暫時しばら 晝飯ちうはん はう たつ 多少いくら