“埋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うず39.9%
20.4%
うづ10.1%
7.7%
うも6.9%
うま3.7%
うめ2.0%
うずも1.9%
うづも1.7%
うずま1.6%
うづま0.8%
うづめ0.4%
0.4%
うづむ0.4%
いけ0.3%
うづめら0.3%
いか0.1%
うずめ0.1%
うづもれ0.1%
うまり0.1%
うもれ0.1%
おさ0.1%
をさ0.1%
ウズ0.1%
ウヅマ0.1%
ウモ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もし厖然たる連歌大発句帳を示して、この書冊が尽くこの種の発句にてめられたるを説かば、誰かその馬鹿げたるに驚かざる者ぞ。
古池の句の弁 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
自分真心がいつか、さんにわかるときがあろう。」と、は、一粒のしいの裏庭めて、どこへとなくりました。
白すみれとしいの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
車夫のかく答へし後は絶えて、車は驀直に走れり、紳士は二重外套掻合せて、衿皮の内に耳より深くめたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そして午前の二時か三時、遲くも四時には起き上つて書齋に坐る。そのために其處には小さな爐が切つてあり、毎晩火がけてある。
たべものの木 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
越前武生の、しい旅宿の、れたれて、二ばかりもんだ吹雪行惱みながら、は——ひました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
? 扱帶つて、するりとつた、萌黄の、るゝやうにけて、紳士大跨にづかり/\。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
甚「え、成ったって宜いや、不人情な事をいうな、手前が殺したなら黙ってるてえのだ、殺したら殺したと云いねえ、殺したか」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
チタ子はひどく憂鬱そうな顔をして狭苦しい椅子にれていましたが、私が、自分の席へ誘うと、黙々として私の卓子にやってきて
大阪万華鏡 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
昔わざ/\都の橐駝師を連れて來て造らせたといふ遠州流前栽も殘らず草にれて、大きな石の頭だけがニヨキツと見えてゐた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
勲章った人間を見ると、あれだけの勲章を手に入れるには、どのくらい××な事ばかりしたか、それが気になって仕方がない。……」
将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
此際鐵道橋梁汽車はれてしまつたが、これは土砂つたまゝ海底までつてかれたものであることがつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
旧冬より降積たる雪家のよりも高く、春になりても家内薄暗きゆゑ、高窓たる雪をのけてをとること前にもいへるが如し。
其亡き骸は、大和の國を守らせよ、と言ふ御諚で、此山の上、河内から來る當麻路の脇におけになりました。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
雪吹にたる時は雪を身を其内にれば雪暫時につもり、雪中はかへつてなる気味ありて気息し死をまぬがるゝ事あり。
彼等は一の身より出づ、汝あまねくカイーナをたづぬとも、氷の中にらるゝにふさはしきこと彼等にまさる魂をみじ 五八—六〇
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ましてや往来の人は通身雪にれて少時半身れて凍死する㕝、まへにもいへるがごとし。
と、一段声を低めて「あの破火鉢に佐倉が二片ちゃんとって灰がけて有るじゃア御座いませんか。 ...
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
掘ざれば家の用路を塞ぎ人家をて人のべき処もなく、力強家も幾万の雪の重量推砕んをおそるゝゆゑ、家として雪を掘ざるはなし。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
寺の後山一二三をすぎ海浜に出て敦盛塔を看。(一説平軍戦死合墓なりといふ。)五輪石塔たるなり。此海浜山上蔓荊子多し。花盛にひらく。界川に到る。是摂播二国の界なり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
上を見れば雪の屏風たるがごとく今にも雪頽やせんと(なだれのおそろしき事下にしるす)たる心地はなく、はくらし、せめては明方にいでんと雪にたる狭谷間をつたひ
ははあ、そこらが井戸か……がざわざわと波を打つ。またその風の冷たさが、と魂をうような爽快いだものではなく、気のせいか、ぞくぞくと身に染みます。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
船頭は急病人の看護者の如く、暫く其の側を離れざりしが、『また幾らも来ますから……』とて、静に坐に直り、綸をめて、更め投下しぬ。
大利根の大物釣 (新字新仮名) / 石井研堂(著)
辛未、皇太子、使をして飢者を視しむ。使者り来て曰く、飢者既にりぬ。に皇太子を悲しみ、則ちりて以て当処めしむ。む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
或説ニフ。穴ヲテ自ラリタリト。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とこふは社もあり、人も崇める神の現れであることもあるが、まじこりは多く雑神浮浪神新渡神の作用であつたものと見える。
まじなひの一方面 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)