“うずめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鈿女66.7%
宇受賣16.7%
16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて二ばんに仮面をあてゝ鈿女たる者一人、のさきに紙に女阴をゑがきたるをつけてかたぐ。
りますに因りて、天の原おのづからく、葦原の中つ國も皆闇けむと思ふを、とかも天の宇受賣し、また八百萬の神ふ」
天の兒屋の命太祝詞言祷ぎ白して、天の手力男の神一六、戸のに隱り立ちて、天の宇受賣の命、天の香山の天の日影手次けて、天の眞拆として一七
掘ざれば家の用路を塞ぎ人家をて人のべき処もなく、力強家も幾万の雪の重量推砕んをおそるゝゆゑ、家として雪を掘ざるはなし。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)