“うづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウヅ
語句割合
45.8%
24.6%
11.2%
3.9%
巴渦3.4%
2.2%
2.2%
烏頭1.7%
1.1%
0.6%
渦潮0.6%
渦紋0.6%
0.6%
盤渦0.6%
螺旋0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に六畳と二畳とに過ぎない部屋は三面の鏡、二脚の椅子、芝居の衣裳、、小道具、から青れた沢山花環とでまつて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
一枚のが開いてゐるのだ、それはロチスター氏の部屋の扉であつた。そしてまく煙は一になつて其處から吹き出してゐるのだ。
乳母 はれ、頭痛がする! あゝ、といふ頭痛であらう! 粉虀けてしまひさうにくわいの。脊中ぢゃ。……そっち/\。
に返し得べき未練の吾に在りとや想へる、愚なる精衛のりて大海めんとするやと、りてに自ら守らんとも為なり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あつく灼熱した頭の中に病妻とかの女との二つの姿が混乱して巴渦を巻いてゐる時にも、いろ/\の思ひを抱いて——時にはその身の不徳を責め
あさぢ沼 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
船がかりする商人の寶を奪りはすれ
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
猫をつた時、飯が熟し天麩羅が来た。二人は飽くまで食つた。楊庵は大食の癖があつて、酒をまなかつた。僕はそれを知つてゐたのである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
芳香ある花柚や、猛毒ある烏頭は、春季には開花せぬものであるけれども、同じく花時に於て其の芳香をも猛毒をも其の花に存して居るがごとく、草木は其の開花抽芽の時に當つては
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
入江に高くかれて
はめつ (新字旧仮名) / 渡久山水鳴(著)
を持つては好く削らんことを思ふ心の尊さは金にも銀にもへ難きを、僅に残す便宜も無くて徒らに北邙の土にめ、冥途と齎し去らしめんこと思へば憫然至極なり、良馬を得ざるの悲み
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
湖水全體が一團となつて恐ろしい大きな渦紋を卷くかと思はれる。恐ろしい唸り聲を立てるかと思はれる。周圍を繞らしてゐる崖を削り、突裂いても、脱れ出る途の方へ向ふ。
霧の旅 (旧字旧仮名) / 吉江喬松(著)
二十年にあまるとせになるといふみのにはに差せる光やのみひかり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
そのときはもうまつ先の烏の大尉は、四へんほど空で螺旋を巻いてしまつて雲の鼻つ端まで行つて、そこからこんどはまつぐに向ふのに進むところでした。
烏の北斗七星 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
のボロのやうに欄干にくまつて、最早息があらうとも覺えず、生命の最後の痙攣が、僅かにその四に殘るだけです。