“はま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハマ
語句割合
34.4%
20.9%
10.6%
5.6%
5.0%
横浜4.4%
3.8%
3.1%
3.1%
刃交1.3%
0.9%
0.6%
穿0.6%
葉巻0.6%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
破魔0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
適当0.3%
陥没0.3%
陷沒0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その錯覚は、次の驚きで、瞬間にケシ飛ばされた。鉄棒のっている石倉の採光窓の外へ、白い女の顔が、落ッこちたように隠れた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右は湖水の三津、左は叡山延暦寺への登り坂。人々の着ているは、吹きおろす風、返す風に、みな針鼠のようにぎ立った。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それだのに早くから文学にって始終空想のっていたから、人間がふやけて、秩序がなくなって、真面目になれなかったのだ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
着いたな、と思って、馬車の外側に垂れている幕を上げて見ると、間口にずっとガラス戸のっている宿屋の前に停っていた。
香油 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
又、萬有のすぐれてめでたき事もにはあらず又かの蘆莖ぎもならず、裏海アラルのなる古塚の上に坐して
頌歌 (旧字旧仮名) / ポール・クローデル(著)
警察屯所から命令されて来た犯人の顔を、直接見て知っているのは、田辺刑事だけで、横浜の警察屯所にも一人もいなかったからである。
旗岡巡査 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見給え、ちょうどスープ鍋が半分ほどスポリとるようになって上の方に小さながポツポツいている。形状は先ず太鼓胴で深さが非常に深い。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
鉄砂の破片が、顔一面に、そばかすのようにりこんだ者は爆弾戦にやられたのだ。挫折や、打撲傷は、顛覆された列車と共に起ったものだ。
氷河 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
「いずくへ? とは、はて知れたこと。隠密に出るのだ。あんまり、柄にった役割りでもねえがの。」
口笛を吹く武士 (新字新仮名) / 林不忘(著)
二度目の気合をうけると、彼はまだ一太刀の刃交ぜもせぬうちに、タラタラと鬢や額の根から冷たいの汗。面は蒼白。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さアお座敷へお出でなさいよと云われた日にゃア仕方がない、いかに小主水の花魁でも斯うなったら何うも仕様があるまい、事がグレとなった時は馬鹿を見るのがら一人だ
をひかれたさうですが、よくらないで、かりましたよ。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
手套穿つた掌面でそつと顔を撫でまはした。小僧はとうと切り出した。
愛想よくいつもにこにこして、葉巻きのたばこを横にくわえ、ざるをうって不平もぐちもなかった。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
「今年は、めた水にだのう、こないだも工女が二人河へって死んだというのに、、こんなことがある」「南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏」「オイ何だい、情死かね」
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
白糸は猿轡されて、手取り足取り地上に推し伏せられつ。されども渠は絶えず身をえて、えさんとしたりしなり。にわかに渠らの力はみぬ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
わたくしは其時揃ひの法被をきた馬丁の一人が、わたくしの家の生垣の裾に茂つてゐた笹の葉を抜取つて馬にせてゐたのと
冬の夜がたり (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
もしや、河にでもったのじゃねえか、人に斬られたのじゃあるまいかと、そればかりが苦に病まれて、この頃は、仕事にも張合いが出ない。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
マーキュ へん「」とりゃ夜警吏定文句ぢゃが、もしも足下が「黒馬」なら、「」からではなく、はて、恐惶ながら、足下ッたけってゐる淵樣から引上げてもやらうに。
野辺へ出てあちらへ走りこちらへ走り、時には水の中にり込んで濡れ鼠になったその着物を脱いで乾かし、自分は裸体で走って居る子供を折々見るです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
城下を為すの恥を思わず、かえって忠貞をえて忌疑を抱く。白映を議す長崎の港、聖東地をる下田の
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
此処て来ましたのは申上げました右京様の御家来藤原喜代之助で、若気の至りに品川のあけびしのおあさと云う女郎にり、御主人のお手許金い込み、屋敷を放逐致され
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
眞砂乾上は、しさうにも雲雀のやうに
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
気は心だからあの児へ何かお歳暮をやらなくちゃあ……女の子達には出ず入らずで一様に羽子板がいいけれど、腕白にはやはり破魔の弓かしら?
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それに願掛が利くだねえ、亭主が道楽ぶって他の女にってらぬ時は、女房が心配して、何うか手の切れる様にえますと願掛すると利くてえ、妙なもので
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それは生国魂神社の境内の、さんがんでゐるといはれてくて近寄れなかつたの老木であつたり、北向八幡の境内の蓮池につた時に濡れた着物を干した銀杏の木であつたり
木の都 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
そうして痛い腹をえながら、膏汗になって歩いたくらいである。鶏冠山を下りるとき、馬の足掻が何だか変になったので、気をつけて見ると、左の前足の爪の中に大きな石がいっぱいにっていた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そうとすれば汚れの着きい服の色といい好みといい、丁度その職業にシックリと適当るものである。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
しい、ちもちもかん輪索陥没ってしまったのです。もう万事休矣です覚悟はしています。』
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
しい、ちもちもかん輪索陷沒つてつたのです。もう萬事休矣です覺悟はしてゐます。』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)