“はめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
羽目46.2%
破目33.6%
板目4.2%
破滅4.2%
3.5%
羽目板1.4%
1.4%
嵌目0.7%
0.7%
機会0.7%
端目0.7%
0.7%
0.7%
結果0.7%
運命0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
羽目には、天女——迦陵頻伽髣髴として舞いつつ、かなでつつ浮出ている。影をうけたの材は、鈴と草の花の玉の螺鈿である。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私を此のような破目に追いこんだ何物かに、私は烈しい怒りを感じた。突然するどい哀感が、胸に湧き上った。何もかも、徒労ではないか。
桜島 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
角を家の板目につきかけた事も、一度や二度ではない。その上、の音と、鳴く声とは、うすい夜の霧をうごかして、ものものしく、四方に響き渡つた。
煙草と悪魔 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「では、すぐそこに。ああ、おなつかしい! こんな破滅でねえならば、たった一目でも」
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのころ、神月に送った手紙の束が、別荘の大谷石の壁暖炉の、こみになったところに放りこんであることを知っていたが、どんなに頼んでも、返してくれなかった。
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
打つ墨縄の曲ることはあれ万が一にも後れを取るようなことは必ず必ずないと思えど、年が年中長屋の羽目板の繕いやら馬小屋箱溝の数仕事
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
混堂きて厨処あり、にも穴ありて地火を引て物をに同じ。次に中のあり、の下より竹筩を出し、口には一寸ばかりて火をさしむ。
もし怪しい奴とまれて、町奉行の手にでも引渡されたら……そして、どうしても密事を吐かねばならぬような嵌目ったら……
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
兄に打明けて、兄から同情と激励の言葉でも受けようと思っていたのに、かえってこちらの勇気をかれたばかりか、あんな一時れの嘘まで吐かなければならぬ嵌目ってしまった。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
探偵は死骸の着物の衣嚢から何やらびた様な物を取り出した、熟く見ると彼の松谷秀子が左の手にて居た異様な手袋である
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
頓て其の手を見ると、着物の怪しさを忘れて仕舞った、左右とも手袋をては居るが左の手には異様な飾りが附いて居る、細かな金の鎖を網に編み、所々へ真珠を繋いで有って
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「それほどまでに思っていらしったものが、一体まあどうして別れなければならない機会になったのでしょう、何かそれには深い仔細があったのでしょうが。」
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
この横光氏が、日本というものについての複雑る質問に、彼の標準による作家らしさ、手際よさで答えなければならない端目におかれたのである。焦慮察すべきものがある。
見るに身は細引にて縛られ口には猿轡をてあり友次郎は見も悼ましくりし繩を解捨猿轡をもるに手遲しとお花は友次郎に抱付流石に餘處を兼しか聲をも立ず泣けるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
外部には穏やかな日が、障子にめた硝子越に薄く光っていた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
持ち込んできたかも解らないですが、これが表沙汰になると、どんな結果になるかも解りませんから、廷章の方へ、じかにわたりをつけようじゃありませんか
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
贈太政大臣信長の婿たる此の忠三郎がよし無き田舎武士我武者共をも、事と品によりては相手にせねばならぬ、おもしろからぬ運命に立至ったが忌々しい、と胸中のをしめやかにらした。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)