桜島さくらじま
七月初、坊津にいた。往昔、遣唐使が船出をしたところである。その小さな美しい港を見下す峠で、基地隊の基地通信に当っていた。私は、暗号員であった。毎日、崖を滑り降りて魚釣りに行ったり、山に楊梅を取りに行ったり、朝夕峠を通る坊津郵便局の女事務員と …
作品に特徴的な語句
タシ ちょく けわし おお まぬ ほう まな うつ おさ こが ともな 徒歩とほ きず 酒盃しゅはい すさ つら くい さだ やっこ 手拭てぬぐ 衣嚢いのう はず たび ほろ 馴染なじ 滅亡めつぼう 深碧ふかみどり かけ りょう 耳朶じだ せば にわ おび くだ 思念しねん 凝視ぎょうし おそ 途断とだ さから なま 疾風しっぷう 発議はつぎ おんな 木目きめ おんな いぶ たず 手摺てず から あざ 四周まわり 土埃つちぼこり すわ ごう 挙動きょどう 総身そうみ 自嘲じちょう つづ から 素気そっけ ひも 納得なっとく 納屋なや くそ ねば メートル くじ はず 端麗たんれい 窪地くぼち くぼ 空襲くうしゅう 稚拙ちせつ 生籬いけがき 猥雑わいざつ なお 玉砕ぎょくさい 瓦礫がれき びん 申継もうしつ 略服りゃくふく 略帽りゃくぼう 狼狽ろうばい