“発議”のいろいろな読み方と例文
旧字:發議
読み方(ふりがな)割合
ほつぎ83.3%
はつぎ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“発議”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いっその事角屋へ踏み込んで現場を取っておさえようと発議ほつぎしたが、山嵐は一言にして、おれの申し出をしりぞけた。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「今夜のことは、おれの発議ほつぎだ。まちがっても、大亀にもてめえにも、ヘマを喰わせてすむものか。おれがいる。さあ行こうぜ」
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて膳部が運ばれた。「入交いりまぜになつた方が可からう。」と云ふ、私の方の主筆の発議はつぎで、人々は一時ドヤドヤと立つたが、
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
谷中尉の発議はつぎで、私がくじをつくった。
桜島 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)