“軈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やが96.0%
には1.7%
やがて1.1%
0.6%
ヤガ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茫然してると、木精ふぜ、昼間だつて用捨はねえよ。)とるがてたが、つてれた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
富の勢力はかに上騰したり。アビリチーの栄光漸くあらはれ来れり。必要は政府を促がして、法律の輸入をなさしめたり。
「……私は……」と彼はて思い余るものの如く口走った。「私は此の頃、悪い悲痛に取りつかれている。お前にそれを察して貰いたいのだ。」
職工と微笑 (新字新仮名) / 松永延造(著)
爲方がないから、ギリ/\齒噛をしながらも、い心でおツへてゐる。其れがまたい。其の辛いのを耐へて、無理に製作をける。がて眼が血走ツて來、心が惑亂する。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
北辺の領国福井にも、て栄光の瑞兆がきざし染めて来た。もう病床に起つことが出来なくなつた、慶応四年二月十五日、北陸道鎮撫総督高倉永祜の一行が福井に入つた。
橘曙覧 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)