“岩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いわ68.1%
いは27.7%
いわお2.1%
がん1.1%
イワ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
川上の方を見ると、すすきのいっぱいにはえているの下に、白いが、まるで運動場のようにらに川に沿って出ているのでした。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
茫然してると、木精ふぜ、昼間だつて用捨はねえよ。)とるがてたが、つてれた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
登らんとする梯子に、自然の枕木を敷いて、踏み心地よき幾級のを、山霊と甲野さんは息を切らしてって行く。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もう善悪なしに、どうでもとまらなければならなかった。やっと林の間に出た。そこここに大きなこうがっていた。