“岩塊”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いわころ33.3%
がんかい33.3%
ブロツク33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふすぐれた軸には、岩塊いわころに竹などが描かれてあった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
また鎔岩ようがん次第しだい冷却れいきやくしてるとどんな成分せいぶんのものも流動りゆうどうがたくなり、其後そのご固形こけい岩塊がんかい先頭せんとう岩塊がんかいえて前進ぜんしんするのみである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
わたくしがあぶなくその一一の岩塊ブロツクをふみ
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)