ただれ
最初におかれた下谷の家から、お増が麹町の方へ移って来たのはその年の秋のころであった。 自由な体になってから、初めて落ち着いた下谷の家では、お増は春の末から暑い夏の三月を過した。 そこは賑やかな広小路の通りから、少し裏へ入ったある路次のなかの …
作品に特徴的な語句
うぶ かか 焦燥いらいら ふす なか ある しあわ かず 焦燥やきもき 放下ほったらか あや ネル 退しさ しい きつ さし せなか 紛擾ごたつ 揺籃つづら 生々ういうい 喧嘩いさかい 毅然しっかり 片方かたかた 扮装つくり ふか わなな 懊悩もどか あず つく くす 鉄板ブリキ 交渉かけあ かか かさね 驕慢おごり 濛々もやもや あが おどか 徹夜よっぴて ばなし かぶり 蒼白あおざ ます 翌朝あした かつ あれ 鼻頭はなのさき おき むろ ちぎ 鳥目あし とん なま 良人うち 掌中てのうち 野原のら ほん あば かえ はた 片々きれぎれ 先刻さき つく 時機おり 夜更よなか きれ 変化かわり 翌日あした あしら 地面じびた ことば あな 夜更よふか 彷徨うろつ はず いじ きわ 廃屋あばやら 小室こま おぶ 媒介なこうど 粗野ぞんざい わか まつ つい