“増”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
43.5%
まし17.0%
16.5%
まさ12.0%
ます5.0%
ふや2.5%
ふえ1.5%
ぞう1.0%
ます/\0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多門の心にはこれまでになく寂漠としたあるものが感じられ、その感じは刻々とさってゆくように思った。多門は胴ぶるいをした。
ゆめの話 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
私も、その頃阿母に別れました。今じゃ父親らんのですが、しかしまあ、墓所を知っているだけでも、あなたよりかも知れん。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
山峡にそって流れている太田川が、この街の入口のところで分岐すると、分岐の数は更にえ、街は三角洲の上にっている。
壊滅の序曲 (新字新仮名) / 原民喜(著)
女扇の竹青きに紫の珠を鏤めたらん姿して、日に日にる、草菖蒲といふなりとぞ。よし何にてもあれ、我がいとほしのものかな。
草あやめ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ただまえに挙げた『かがみ』のものがたりをあたまにおいてかまくらの初期ごろにここで当年の大宮人たちが四季おりおりの遊宴を
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
学校の貧乏なところへもって来て、町や郡からの輔助はられる、それでも教員の数はさんけりゃ手が足りない。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
あゝ、もう沢山だ、是上出来たら奈何しよう、一人子供がれば其丈貧苦を増すのだと思つても、出来るものは君どうも仕方が無いぢやないか。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
しかし、「どこかへ一度遊びに行きたいな」となると、もう眼の領域ではないのです。『阿含経』というお経の中には
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
しかれども北方日光の山辺は炎日赫々なり。川を渡て行こと半里、天陰り、墨雲弥堅迅雷驟雨ありて、廻風せり。倉野駅に到て漸くる。日暮なり。林屋留八の家に宿す。行程九里許。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
築造ルハ都下繁昌シテ人民知識所以器械
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)