“ふ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
8.8%
8.6%
8.1%
6.7%
6.1%
6.0%
5.7%
4.8%
3.8%
3.4%
3.1%
2.7%
2.1%
2.0%
1.9%
1.8%
1.8%
1.8%
1.5%
1.4%
1.3%
1.1%
1.0%
0.9%
0.8%
0.8%
0.7%
0.6%
0.6%
0.6%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
増加0.0%
大分更0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ごと喧嘩をしてめてやるのだが隨分おもしろいよとしながら、鐵網をのせて、おゝ熱々指先いてかゝりぬ。
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
Sさんは一寸に落ちないような表情をしたが、K氏あてに手紙を書いてくれ、お百姓さんに対しては私のために礼を述べてくれた。
遁走 (新字新仮名) / 小山清(著)
けるにしたがって繁くなる夜露が、しんとした水面にかすかな音を立てるばかりで、あとはただ虫のこえばかり聞えるだけでした。
寂しき魚 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
「まだある、下手人の着物なら、血が飛沫いているはずだ、あれだけひどく殴ったんだもの、——ところがあれは血をいたんだぜ」
中国の若者も眼鏡がえているし、お会いして伺いますが、上海にいて魯迅全集の仕事をしていた内山完造の『支那漫語』(改造)
こうして清作さんは、じつにりっぱな軍人でした。だからると、いて、その雄々しい姿をながめたのです。
村へ帰った傷兵 (新字新仮名) / 小川未明(著)
がうごき波が足をたたく。日光がる。この水をることのさ。菅木がいるな。いつものようにじっとひとの目を見つめている。
台川 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
うしてつてります品物らないと、いんですぜ、そりや、んだり、つたり、ポカ/\でさ。我又不善擇人參可否
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
玉蜀黍の毛をねて結ったようなる島田を大童に振り乱し、ごろりと横にしたる十七八の娘、色白の下豊といえばかあいげなれど
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
実直さとともにけ、せぎすな体で、い方の辛労をひき受けて来たのだ。無限の実直さには何らの価値もみとめてはいなかった。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
これにしてからのは、荒々しいを、しいのいただきを、もったれてくるからでありました。
大きなかしの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
絞殺に鮮血がきでるというのは可笑しかった。なにかこれは別の傷口がなければならない。一郎は愛弟四郎の屍体に顔を近づけた。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
新婦は首をりて、否々、の口をばえひらきらず、おん身のこゝに來給はんはしからずと云ひ、起ちてかなたの窓を開きつ。
大窪の泉と云つて、杉の根から湧く清水を大きい据桶に湛へて、雨水を防ぐ為に屋根をいた。町の半数の家々ではこの水でぐ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
信長のこういう顔つきと沈黙に出会って、さない将は幾人もいない。いや信長の一族を加えても、絶無だといってよいだろう。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
など色とりどりの褌ひとつになつて無茶苦茶に踊り狂ふのを豊漁踊りと称んでゐたが、踊りとも云へぬただの騒ぎなのである。
円卓子での話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
るがまゝの秋草ですが、それでも氣をつけて見ると、人間の通つたらしい跡が、ほんの少しばかり草がみつけられてをります。
と、背すじへのぞんで、助広の白光を一りなぎつけたが、崖に等しい傾斜であり、灌木の小枝に邪魔されて、行き方少し軽かったか
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一、句数五千一万の多きに至らずとも、才能ある人は数年の星霜をる間には自然と発達して、何時の間にか第二期にりをる事多し。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
そして、その男とすれ違う時、ぎらぎらする二つの眼が丹治の方をむように光った。丹治はと見返すことができなかった。
怪人の眼 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「はあ実は」又四郎は眼をせた、「——実はですね、あの方と、お二人きりで、その、折入ったお話が、その、したいのですが」
百足ちがい (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
越後の上杉景勝も、慇懃、賀使を送って、盟約をみ、四道の風はく、秀吉にき、秀吉のに吹くを、歓ぶかのような状況である。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがておがしなやかにつて、れると、のあたりにつて卷煙草は、するともなく、れて、婦人つた。
三尺角拾遺:(木精) (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
これより帝優游自適、居然として一頭陀なり。九年史彬死し、程済従う。帝詩をくしたもう。したまえる詩の一に曰く
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
像のりたるは色褪せて、これを圍める彩畫ある板壁さへ、半ば朽ちて地にねたれど、中には聖母兒丹粉かなるもなきにあらず。
「おお、あの何か江戸ッ子の、いつも前垂掛けでおいでなさる、活溌な、ふァふァふァ、」と笑って、鯉がを呑んだような口附をする。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
孝廉は約束をんで喬に連城をめあわそうと思って、先ずそのことを王の方に知らした。王は怒って官に訟えようとした。孝廉は当惑した。
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
海は日毎に荒模様になって行った。毎朝、に打ち上げられる漂流物の量が、急にえ出した。私たちは海へはいると、すぐ水母に刺された。
麦藁帽子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
それで、道を歩いていても、と私の記憶に残ったそう云う姿、そう云う顔立ちの女を見ると、若しや、と思って胸を躍らすことがある。
幼い頃の記憶 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
余はこの時始めて附添のものが、院長のをことさらに秘して、余に告げなかった事と、またその告げなかった意味とを悟った。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
夜気沈々たる書斎の薬烟り渡りてけしのさらにも深け渡りしが如き心地、何となく我身ながらも涙ぐまるるやうにてよし。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
いな、彼女は初恋の人に対する心と肉体との操を守りながら、初恋をられた恨を、多くの男性に報いていたとってもよかった。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
伯夷叔齊なりとも、(七三)夫子益〻はれ、顏淵篤學なりとも、(七四)驥尾して益〻はる。
「吉兵衛さん、よい加減にしておきなはれよ。わしはちっとも気はれておりやしまへんで、ただ世間並にしておりますのじゃ」
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
「南無阿弥陀ァ仏——南無阿弥陀ァ仏」単調な村のは、村の静寂の中に油の様に流れて、眠れよ休めよと云う様に棺を墓地へと導く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
凡ての物の色が黄昏の時のやうに浮き立つて来るので、感じ易い心は直様秋の黄昏に我れ知らずけるやうな果しのない夢想に引き入れられる。
花より雨に (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
そうしたしだらな恋愛の常習者だからだときめてしまうにきまっていると思うからなんです。
華やかな罪過 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
ある朝、食事をすますと、例によつて、一緒に甲板へあがり、神谷は煙草をかしはじめ、千種はその傍で、ぼんやり空想に耽つてゐた。
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「さあ兄さん、えらいお待たせして済みまへん。どうぞ、もっとずっと火鉢の傍にお寄りやす。夜がけてきつう寒うおす」
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「あなたのお話を伺っていると、あたしは将棋ので、上手な将棋差しの手にかかって、いいように動かされているみたい」
あなたも私も (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
わが面體を後のかたみに殘さんと、さきに其方を召出し、頼家に似せたるを作れと、繪姿までもはして置いたるに、日をるも出來せず。
修禅寺物語 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
何故と云ふに、別本には誠範の右に「蓮譽定生大※、文政五年壬午八月」があつたから、の如くに讀むときは、此彫文とするからである。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
斬られた角兵衛は秘密にしているにしても、人の腕を斬って往来へ投げ捨てて、世間を騒がした照之助を不問にして置くわけには行かない。
半七捕物帳:54 唐人飴 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
其の蔓をして依つて以て纒繞せしむ可き竹條葭幹等を與へて之を扶殖して地にすこと無からしめ、丁寧に其の蠹蚜を去るが如きは、即ち助長である。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
オノリイヌ——奥さんは、だけど、きんのあてようがちょっくら間違ってたぐらいで、わしに暇をくれようっていうつもりは多分おあんなさるまい。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
なる髪をうしろに結びて、りたるへたる帯、やつれたりとも美貌とはが目にも許すべし。
軒もる月 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
松田氏の精確なる記性と明快なる論断とがつたなら、わたくしは或は一堆の故紙に性命をき入るゝことを得なかつたかも知れない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
夕暮にマリウチアと其父とは寺門迄迎へに來ぬ。僧はわれを伴ひ出でゝ引き渡しつ。この牧者のさまを見るに、衣はペツポのをぢのよりりたるべし。
人のなることを知りて之を姦せんとす、元より非道なり、れども彼は非道を世人の嫌悪する意味に於ての非道とせず。
心機妙変を論ず (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
なくも、昨夜ローマからの滊車んだ『小公子』といふ小説の、あのらしい/\小主人公聯想した。
と、小腰をめて差覗き、頭をって呼掛けたのは、顱巻もまだらないままの植木屋の甚平爺さん。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何か不満が有るらしく、自分が何か云ってもてて鼻歌で行って仕舞ったり、わざと聞える様に重三の悪口を云ったりする様子がお関には不安で有った。
お久美さんと其の周囲 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
ち三丰のりし所の武当 大和山を営み、する三十万、す百万、工部侍郎郭𤧫隆平侯張信、事に当りしという。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
サンタの熱は未だえず、されど明日の興行には必ず往かんと誓へり。ヱズヰオは火を噴き灰をらすることの如し。而して我名を載せたる番付は早く通衢り出されたり。
先生の平生だ多忙にして執筆の閑を得ずそのに経過したりしに、一昨年の秋、る外国人のに応じて維新前後の実歴談を述べたる折、と思い立ち
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
飲みとうて飲みとうてならぬところへ、ちょうど虎烈剌流行ってなあ。獄卒がこれを消毒のために雪隠れと云うて酢をれたけに、それを我慢して飲んだものじゃ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
豪気なだ——金座方でもなければ手にすることもなさそうなきたての小判で、ざっと五百両!
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「もみぢ葉を散らす時雨るなべにさへぞ寒き一人しれば」(巻十・二二三七)等の例がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
息をき返して来ると、患者は暗い穴の底から、に立っている人を見あげるように、人々の顔を捜した。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
殊に本邦の竹類に在てはそれ生じてを解きてより遂に枯死に就くに至るまで、その寿命を保つの間仮令幾年の星霜をるも遂に花を出すことなくして止むもの少なからず。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
爺さんは、むっつりと、苦虫を噛みつぶしたような面構えで、炉傍に煙草をかしていた。弟の庄吾は、婆さんの手伝いで、尻端折りになって雑巾けだった。
駈落 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
この妻は寂しけれども浅茅の露けき朝は裾かかげけり
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
 去年来のこと、恐れ多くも天朝・幕府の間、誠意あひせざるところあり。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
実に水のりに植えたる樹のようなもので、だんだんと芽をき枝を生じてゆくものであると思います。
後世への最大遺物 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
雪で、今日は新聞がぬ。朝は乳屋、午後は七十近い郵便配達さんが来たばかり。明日餅搗きを頼んだので、隣の主人糯米を取りに来た。其ついでに、かし立ての甘藷を二本鶴子にれた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
盛庸と鉄鉉とは兵を率いてみ、東昌に営したり。北軍って南にり南軍却って北に在り。北軍南軍相戦わざるを得ざるの成りて東昌の激戦は遂に開かれぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
山路になりてよりは、二頭の馬ぎ喘ぎ引くに、軌幅極めて狭き車のること甚しく、雨さえ降りて例の帳閉じたればもりて汗の車に満ち、頭痛み堪えがたし。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
四季袋紐短かにげたるが、此方を見向ける素顔の色く、口のさで、やや裏寂くも花の咲過ぎたらんやうの蕭衰を帯びたれど、美目のたる色香尚濃にして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
新朝廷の方は、西園寺公宗をはじめ、光厳帝の久我ノ右大臣や中院ノ大納言も説きふせてあるし、また後伏見、花園の二上皇も、意地悪くは仰せもなく
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
のささやきに
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
道士はその食物をって空になった鉢をの上にせて帰って往った。
緑衣人伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
のごとき眼光を浪子のに射つつ、千々岩は身を転じて、してそこらの草花を摘み集めぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「私なんかに、——た親も、家もないやうな」
だから貧時にはせられ、富時にはに縛せられ、憂時にはに縛せられ、喜時にはに縛せられるのさ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
公、覚めて桑田を召す、云云
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
下女れていた醜女ばかりをうてたので、そうしてこのには乳呑児があった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
梅子からの手紙! 細川繁の手はるえた。無理もない、て例のないこと、又有りべからざること、細川に限らず、梅子を知れる青年の何人も想像することの出来ないことである!
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「あの三人の娘は、みなひどくらんして、顔も何も分らなくなっていましたね」
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
上の方が小さく、下の方が大きければ、ぶくれの形になる。んでいる部分は、彎曲率をにとればよいのでその凹み方も、負の値の大小できまる。
我等は倒れたる一圓柱のの上に踞したり。ジエンナロの力に頼りて、乞兒の群を逐ひ拂ふことを得たりしかば、我等の心靜に四邊の風景をぶには、復た何のもあらざりき。
『明日がえ? ぐどもせア。権作ア此老年になるだが、馬車つぱらねえでヤ、腹減つて斃死るだあよ。』
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
初雪の積りたるをそのまゝにおけば、再びる雪を添へて一丈にあまる事もあれば、一度ば一度掃ふ(雪浅ければのちふるをまつ) 是を里言雪掘といふ。土をがごとくするゆゑにいふなり。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
同じ金盥で下湯を使う。足を洗う。人がいと云うと、己の体は清潔だと云っている。湯をバケツに棄てる。水をその跡に取って手拭を洗う。水を棄てる。手拭を絞って金盥をく。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
して己れの心をそのまま存する者はがりもせぬ。怖気は自己の心を離るるより起こる。漢字で立心扁に去る()布く()芒ふ()をつけてこわがるの意を現すもありというべし。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
火口壁の聳えたところに、折り目がいくつか出来ている、そうして近頃の新火口らしい円い輪形から、の毛のような、褐色なっさりとした烟が、太く立ち上って、頂上から少し上の空を這って
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
あるいは岩石の節理がくれ立ちて、木輪が、磨滅した木の肉から浮ぶように、み上がって見えたりするが、雪の動作は、それとは反対に岩石を擦り円め、滑らかにさせ、磨き上げるのである。
高山の雪 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
道端石段があつた。代助はば夢中で其所へ腰を掛けたなり、を手でえて、くなつた。しばらくして、さいだけて見ると、大きな黒いがあつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
かの一兩羽うちて天にあがる……
駱駝の瘤にまたがつて (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
近づいて、切ッ払って、ける覚悟し——いたずらに騒いでは、って、此の場合、逃げ場を失うのは、知れ切っている。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「手めえに恨みはねえ、早くけろ! 役人が来るなあ、ほんとうだぜ!」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
ここにその須勢理毘賣の命、蛇のひれをその夫に授けて、「その蛇はむとせば、このひれを三たびりて打ちひたまへ」
ここを以ちて御頸を刺しまつらむとして、三度りしかども、哀しとおもふ情忽に起りて、頸をえ刺しまつらずて、泣く涙の落ちて、御面を沾らしつ。かならずこのにあらむ
斉王もまた人の告ぐるところとなり、廃せられて庶人となり、代王もまたに廃せられて庶人となり、大同に幽せらる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
の太祖の言は、に是れ太祖が胸中の秘を発せるにて、くより意ありたればこそ、より二年ほどにして、洪武三年に、の九子を封じて
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一八を出して溺らし、もしそれ愁へまをさば、を出してし、かく惚苦めたまへ
「この竹葉の青むがごと、この竹葉のゆるがごと、青み萎えよ。またこの鹽のるがごと、盈ちよ。またこの石の沈むがごと、沈み臥せ」とかくひて、の上に置かしめき。
すなはちその大神の生大刀生弓矢一三またその天の沼琴一四を取り持ちて、逃げ出でます時に、その天の沼琴樹にれて地動鳴みき。
人となり聰明にして、目にれば口にみ、耳にるれば心にす。すなはち阿禮に勅語して、帝皇の日繼と先代の舊辭とを誦み習はしめたまひき。
狭いけれども宅には庭がありますから、右の矮鶏を、を買って来て、庭へ出して、半月ばかり飼って置きました。
そこでこの方の鶏も庭に飼って、前のと両方、別々のに入れて置いた。
通にはそれを「ぎよつとした」と形するがその言葉があらはす程シヨツクのしいものではなく、何か日頃はのほうにしまつてあつて
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
に「ふみきり」といふペタルで、つまり通の自轉車のやうに、或る程度の惰性がついたらペタルの上で足を休ませてゆくといふことが出來ない。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
ァに玉川の水だ、朝早くさえ汲めば汚ない事があるものかと、男役に彼は水汲む役を引受けた。起きぬけに、手桶と大きなバケツとを両手に提げて、霜をんで流れに行く。顔を洗う。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「私なんかに、——た親も、家もないような」
自ら蝦夷のの神宮に献ぜられ、のちに播磨・安芸・伊予・讃岐および阿波の五国に配置せられた者の子孫なりと称したということで、すなわち「景行天皇紀」五十一年の記事とは符合しますが
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
風采、千破矢家のたるに足る竜川守膳が、顔の色を変えて血眼になって、その捜索を、府下における区々の警察に頼み聞えると、両国回向院のかの鼠小憎の墓前に、居眠をしていた小憎があった。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「なんですか、私も是方へ来てから、また母親さんが一人えたような気がしますわ」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
の冬草の、山肌色をした小な翼であった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
谷合いの畠にお長のと兄の常吉がいた。二三寸延びた麦の間の馬鈴薯を掘っていたのである。
千鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
そして又幾針もせぬうちにつと手を休めて、膝もとに寝んでゐる多次郎の蒲団を掛け直したりした。広い田園に夜が落ちると、ひつそりした沈黙の、音のない騒がしさがきこえるのであつた。
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
声がらでは、どうも、今日、途中まで迎へに出た、白髪の郎等が何かれてゐるらしい。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
抉せられて罵り、血を含んで御袍く。ち命じて皮をぎ、長安門ぎ、骨肉を砕磔す。清帝の夢に入って剣を執って追いて御座をる。帝めて、清の族をす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
この刈跡が漸次峡底に増加えて行くといやはてには人目も草も枯れはてる寂しい冬が来るのである。それにしても自然の推移の早いに驚かざるを得ない。
備後より (新字旧仮名) / 中村憲吉(著)
彼も初めての事なので、薄気味るく、うとうとしていると、最早夜も大分更けて、例の木枯の音が、サラサラ相変らず、える時、突然に枕許の上の呼鈴が、けだだましく鳴出したので
死体室 (新字新仮名) / 岩村透(著)
(十三) 有子曰く、信、義に近きときは、むべきなり。恭、礼に近きときは、恥辱に遠ざかる。むところ其の親を失わざるときは亦ぶべきなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
例の老夫は頭をり悼りけり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そのたちまち、右手く、御秘蔵御神剣し、黒髪かせながら、部下軍兵どもよりも十んじて、草原内部からってでられた御姿、あのばかりは
と男は韻をんだように再び叫んだ。
少女病 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
私も、さっさと台所を片付けたいと思い、鍋は伏せ、皿小鉢は仕舞い、物置の炭をかんかん割って出し、猫の足跡もそそくさといて、上草履を脱ぎまして、奥様の御部屋へ参りました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
家来 (ばこを基康に渡す)
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
哀れ金なくて解脱のみを見ず
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)
もともとシャーマンが神懸りになるために打ち鳴らす太鼓のを意味する語であったことを思えば、このような山の上の祭場にシャーマンが関係していたことも、察するに難くないのであります。
小平太は苦しそうに、ただ「いいや」とばかり頭振りをってみせた。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
先ずその蛙の巣窟をうに如ずと云うので、お出入りの植木職を呼あげて、庭の植込をかせ、草を苅らせ、池をわせた。
池袋の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
又はその当時のモテ加減なぞを思い出してっかり出た「ニヤニヤ」とか「ウフウフ」とかいう気持ちが、鼻の表現のを往来明滅するのを禁ずる事は出来ないのであります。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」
それを一目ながめて彼は思わずき出してしまった——何という似ても似つかぬ相違だろう! それからもずっと長いこと、食事をしたためながらも
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
憑依の去った巫者のように、身も心もぐったりとくずおれ、まだ六十を出たばかりの彼が急に十年も年をとったようにけた。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
次にこれらの材木の組合せによつて生まれるところのありとあらゆる形々々のやや無限を思はせるところの明滅によつてくれ歪み合し崩れ混乱する様を想像します。
女占師の前にて (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
御食むかふ南淵山にはれる斑雪りたる 〔巻九・一七〇九〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
かれ御毛沼の命は、波の穗をみて、常世の國に渡りまし、稻氷の命は、の國として、海原に入りましき。
功としては周王えしのみに過ぎざれど、帝をはじめ大臣等これを大器としたりならん、然れども虎皮にして羊質所謂治世の好将軍にして、戦場の真豪傑にあらず、血をみ剣をいて進み
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
俥をりて白羽坂えてより、回顧橋に三十尺の飛瀑みて、山中の景は始て奇なり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
彼はれて傍目をもらざりけれど、必ずさあるべきを想ひてり心をかせしが、唯継の如何なることを言出でんも知られずと思へば、とにもかくにもその場を繕ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
〔譯〕徳性を尊ぶ、是を以て問學る、即ち是れ徳性を尊ぶなり。先づ其の大なる者を立つれば、則ち其知やなり。能く其の知をめば、則ち其功やなり。畢竟一條の往來のみ。
の、わが夫子が、取りける、大刀の手上に、丹書き著け、その緒には、赤幡を裁ち、赤幡たちて見れば、い隱る、山の御尾の、竹を掻き苅り、末押し靡かすなす
向方の隅にゐるお客様が、さつきからあなたの様子を見て、あれは何処の役者なのか、余程六つかしい役でもられたと見えて、可愛想に、酒場に来てまでも稽古に夢中になつてゐる。
痴酔記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
不断年よりけた女が、かえって実際より三つ四つも少ないくらい、ついに見ぬ、薄化粧で、……分けて取乱した心から、何か気紛れに手近にあったを着散したろう、……座敷で
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
第一、目録が目線であります。下総が下綱だったり、蓮花の花だったり、鼻がになって、腹がに見える。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
放し飼いにした伊那駒が、秋天高く馬肥える、今日この頃の野のように、長いるわせて、さも勇ましく駆けている。秋にふさわしい光景である。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
醜い汚い筋をぶるぶると震わせながら、めるような形が、歴然と、自分が瞳に映った時、宗吉はもはや蒼白になった。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)