少女病しょうじょびょう
山手線の朝の七時二十分の上り汽車が、代々木の電車停留場の崖下を地響きさせて通るころ、千駄谷の田畝をてくてくと歩いていく男がある。この男の通らぬことはいかな日にもないので、雨の日には泥濘の深い田畝道に古い長靴を引きずっていくし、風の吹く朝には …
作品に特徴的な語句
こみ うご 他方わき せい うる 機会はずみ おく 前垂まえだ あぶ 顔色かおつき 電光いなずま 陥落ロスト 羽翼はね ひろ 丘陵おか きわ がら にお うるさ しま かす がき 塵埃じんあい 間断ひっきり いや あたた 泥濘でいねい おれ つか あやま きびす 戸外おもて 末端すえ かど つか みち 相槌あいづち まゆ 真鍮しんちゅう なが 硯箱すずりばこ 神田かんだ 秘訣ひけつ ほど 篠竹しのだけ 粗雑ぞんざい あか ゆる 縞物しまもの 縮緬ちりめん もつ なわ 繻珍しゅちん 聯想れんそう ふと 能代のしろ うで ひざ つや 茅葺かやぶき 華奢きゃしゃ かげ おお ばん きぬ はかま すそ すき 鼻緒はなお 黒子ほくろ 黄楊つげ 鶯茶うぐいすちゃ 鶯色うぐいすいろ あひる 鳶色とびいろ はと はし 頭脳あたま 頬髯ほおひげ ほお くつ なび 雪駄せった すみ たたか ひま 長靴ながぐつ 錦町にしきちょう 路側みちばた あか おど 身装みなり