“鳩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はと71.4%
あつ25.2%
ばと2.0%
ふたこゑどり0.7%
ダヴ0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鳩”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語21.2%
文学 > 日本文学 > 戯曲2.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
澄み切った純潔さ。純白な時間、ほとんど差別ない時間。この種の愛は、百合ゆりの花弁を集めはとの羽を集めたものである。
私はその棗の木の下へ仕掛けのある箱を置いて、二つ三つ得意の奇術をやり、それから石を投げてはとにして飛ばしたところで、
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
男湯の方の出来事に注意をあつめていた警官連や他の男達は、どっと、その声に誘われて女湯の方へ雪崩なだれ込んで来た。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
お庄は隙になった茶ので、今やっと裏口から届けて来た、着物の包みをほどきながら、母親と額をあつめて話し合った。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その時宮の前のれんじの木に、男山おとこやまのほうから山ばとが三羽飛んできてあやしい声で鳴きつつらい合いをはじめました。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
名残りの円蓋えんがい数珠じゅずかけばとが、
ルバイヤート (新字新仮名) / オマル・ハイヤーム(著)
たゞ嗚呼あゝ」とだけさけばっしゃい、たッた一言ひとことラヴとか、ダヴとか宣言おほせられい。