“鳩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はと70.3%
あつ26.6%
ばと1.9%
ふたこゑどり0.6%
ダヴ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白亀の改元白鳥神瑞、八幡の、源家の、すべて白きは 皇国祥象なれば、天機白熊をいだししも 昇平万歳の吉成べし。
と、乳人や女房たちが額をめて相談しながら溜息をついたり、それとなく人を出して捜索させたりしていることも珍しくなかった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
それが全警備区に配分されて、配給や救護や、道路、橋の修理などにも全力を上げてはたらいたのです。軍用も方々へお使いをしました。
大震火災記 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
たッた一をでも宣言せられたならば、小生滿足いたす。嗚呼」とだけばっしゃい、たッた一言とか、とか宣言せられい。