“鳩居堂”の読み方と例文
読み方割合
きゅうきょどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳩居堂方寸千言という常用の筆五十本線香二束を買い亀屋から白葡萄酒二本ぶらさげて外濠線の方へ行きかけた折であった。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
昭和二年六月廿二日から五日間、東京銀座鳩居堂の楼上で最初の民藝展が開催された。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
私はここで老舗鳩居堂などが香墨などのことも言い添えるべきでありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)