民芸四十年みんげいよんじゅうねん
私の知れる、または見知らぬ多くの朝鮮の友に、心からのこの書翰を贈る。情の日本は今かくするようにと私に命じている。私は進み出て、もだし難いこの心を貴方がたに話し掛けよう。これらの言葉が受け容れられる事を、私はひそかに信じたい。もしこの書を通し …
作品に特徴的な語句
みよ ひか おおわ わざわ たぐ いらだ 首肯うなずか うつろ くちづ おこない 上手じょうて みず しあわせ みん ゆかり 遊戯ゆげ 幾何いかほど かさ にょ あまね 躊躇ため 御殿うどうん ねがわ たと おとの うつ 下手げて あや たすか あら しゅう かたわ こだわ しめて ふさ おく さま ちなみ やま さば がた たくら など おも さまた そこな むな 嬰児みどりご つた たい いにし かえりみ うわ へん ちな 囲繞いじょう いま もとづ らく 出立いでたち ちか こし まど かさな ゆだ おとな ひと みだら がら なり あなが おのず のが あらわ 人天にんでん おろか かえりみ そう 空手くうしゅ ずし しりぞ さが おとしい くつ にぎや 石獅いしじし